ドラマあらすじ・ネタバレ・感想まとめ

ネタバレン

2019春ドラマ フジテレビ

ドラマ『ストロベリーナイト・サーガ』ネタバレ、あらすじ、感想まとめ(主演 二階堂ふみ 亀梨和也)

更新日:

2019年春ドラマ『ストロベリーナイト・サーガ(毎週木曜22時/フジテレビ)』ネタバレ、あらすじ、感想をまとめていきます。

主演に二階堂ふみ 亀梨和也。敵役“ガンテツ”に江口洋介。

ドラマ『ストロベリーナイト・サーガ』あらすじ、キャスト(主演 二階堂ふみ 亀梨和也)

『ストロベリーナイト・サーガ』あらすじ

本作の主人公、ノンキャリアでありながら27歳という若さで警部補に昇任した女性刑事、警視庁捜査一課殺人犯捜査第十係主任・姫川玲子(二階堂ふみ)は捜査一課で唯一の女性班長・姫川として、直感と飛躍した思考、行動力を武器に『姫川班』を率いて、数々の難事件の真相に迫ります。

姫川の年上の部下となる巡査部長・菊田和男(亀梨和也)は生真面目な性格で寡黙な一方、その内面では曲がったことが嫌いな正義感を持ち、熱い男気を秘めた体育会系刑事。捜査一課姫川班に異動してきた当初こそ、直感を武器に危険な捜査を繰り返す姫川を懐疑的に捉えていたものの、共に事件を追うにつれ、姫川の刑事としての優秀さと人間的魅力に気づき、自分の中に特別な感情が芽生え始め…。そして、姫川の天敵、警視庁捜査一課殺人捜査第五係主任(警部補)勝俣健作(江口洋介)は“ガンテツ”という通り名を持つクセ者刑事で、摘発率は圧倒的トップを誇り、刑事としての腕前は誰もが認めるベテラン。公安に8年いた経歴を持ち、警察内外の情報収集にたけているが、おきて破りの捜査方法が様々な疑惑を招くことも…。

練りに練られた先の読めないストーリー展開と個性的なキャラクターたち。それぞれの刑事たちが抱える葛藤と、正義という名の命題をどのように追求していくのか。豪華キャストの演技バトルにご期待ください!

『出典 ストロベリーナイト・サーガ あらすじ』

『ストロベリーナイト・サーガ』CAST&STAFF

二階堂ふみ

1994年9月21日(24歳)沖縄県那覇市出身 ソニー・ミュージックアーティスツ所属

主な作品
テレビドラマ
『Woman』
『軍師官兵衛』
『西郷どん』


映画
『劇場版 神聖かまってちゃん ロックンロールは鳴り止まないっ』
『指輪をはめたい』
『ヒミズ』
『悪の教典』
『脳男』
『地獄でなぜ悪い』
『四十九日のレシピ』
『ほとりの朔子』
『私の男』
『オオカミ少女と黒王子』

亀梨和也

1986年2月23日(32歳)東京都江戸川区出身 ジャニーズ事務所

主な作品
映画
『ごくせん THE MOVIE』(2009年)
『映画 妖怪人間ベム』(2012年)
『俺俺』(2013年)
『バンクーバーの朝日』(2014年)
『ジョーカー・ゲーム』(2015年)
『PとJK』(2016年)
『美しい星』(2017年)


テレビドラマ
『3年B組金八先生 第5シリーズ』(1999年)
『ごくせん 第2シリーズ』(2005年)
『野ブタ。をプロデュース』(2005年)
『サプリ』(2006年)
『たったひとつの恋』(2006年)
『妖怪人間ベム』(2011年)
『セカンド・ラブ』(2015年)
『怪盗 山猫』(2016年)
『Final Cut』(2018年)
『ボク、運命の人です。』(2017年)

『ストロベリーナイト・サーガ』twitterの反応

■公式アカウント▶︎@team_himekawa

『ストロベリーナイト・サーガ』ネタバレ・視聴者の感想(1話〜最終話まで)

ドラマ放送開始後、更新していきます。

-2019春ドラマ, フジテレビ
-

Copyright© ネタバレン , 2019 All Rights Reserved.