ドラマあらすじ・ネタバレ・感想まとめ

ネタバレン

フジテレビ

【第1話〜最終話まで】ドラマ『SUITS/スーツ2』ネタバレ、あらすじ、感想まとめ(主演 織田裕二、中島裕翔)

投稿日:

2020年春月9ドラマ『SUITS/スーツ2(毎週月曜21時/フジテレビ)ネタバレ、あらすじ、感想をまとめていきます。

出演は、織田裕二/中島裕翔/新木優子/中村アン/小手伸也/吉田鋼太郎/鈴木保奈美 他

ドラマ『SUITS/スーツ2』を全話フル配信で視聴するなら・・・

VOD配信サービスの『FOD』がオススメ!!

月額「888円」(税抜)でフジテレビの最新ドラマや映画が見放題です♪独占配信作品も多数配信中です。

現在、1ヶ月無料キャンペーン実施中!!

→『FOD』を無料視聴するにはコチラ☆

ドラマ『SUITS/スーツ2』ネタバレ、あらすじ、感想まとめ(主演 織田裕二、中島裕翔)

■第1話『SUITS/スーツ2』ネタバレ感想

【第1話】公式あらすじ

敏腕として知られる「幸村・上杉法律事務所」のパートナー弁護士・甲斐正午(織田裕二)は、誰にも相談せず、ボストンにいたアソシエイトの鈴木大輔(中島裕翔)を突然呼び戻す。甲斐は、復帰のリハビリだと言って、大輔にある案件を任せる。それは、小説のアイデアを盗用されたと元契約社員の女性から訴えられた大手出版社の案件だった。
同じ日、甲斐は、クライアントのひとつで、ロケットや航空機の技術開発をしている「フューチャースカイ」の社長・三津谷聡から呼び出される。そこで三津谷は、新開発した無人航空機制御システムの売却をしたい、と甲斐に告げる。全米最大の宇宙ロケット開発会社との業務提携を進めようとしている三津谷は、宇宙事業に一本化する方針を固め、新システムの売却益もそこにつぎ込む予定だという。三津谷は、今後も顧問料を払い続けるかどうかのテストだ、として最低売却価格を100億円に設定する。
そんな折、思わぬ出来事が起きる。かつて甲斐とチカが弱みを握り、事務所から追い出していた事務所の共同代表の上杉一志が、復帰への意欲をのぞかせたのだ。それは、幸村・上杉法律事務所を揺るがす、新たな闘いの始まりだった――。

出典:第1話『SUITS/スーツ2』あらすじ

感想はコチラ
30代男性
甲斐が上杉に忠告していたのがとてもビックリしました。鈴木の暗記能力がとてもすごいと思います。鈴木が先生のパソコンを勝手にいじっていたのがとてもすごいと思います。鈴木がお酒をすごく飲まされたのがとても笑えてよかったです。【5段階評価-5.面白い】
30代男性
前シリーズよりもスタイリッシュ感が増したような気がした「SUITS」。初回のスペシャルとあって反町隆史さんのゲスト出演という豪華さ。織田さんとのツーショットが奇跡のような光景でした。上杉の奥さんが亡くなり復帰を甲斐は阻む手を打つと言ってたけどやっぱり?復活。でも甲斐もなかなか姑息な手を使ったりしてると思うんですよね。たぶん同じタイプの人間だから気に入らないように思えるのじゃないかなと思っています。前作の相関図が分かっている方が楽しめるとは思いますが、海外ロケのような豪華なオフィスやオシャレな会話は見てもらいたいなぁと思う作品です。【5段階評価-5.面白い】
30代男性
鈴木保奈美さんが、前のシリーズのときよりも、若返ったように見えました。中村アンさんや、新木優子さんと並んでも、まったく引けを取らないなと思いました。親子ほどの年の差があるようには、まったく見えませんでした。【5段階評価-5.面白い】
40代男性
SUITSのシーズン1を観ていないのでそれぞれの、登場人物についてはあまりよく知らないけれど、会見中にリアルタイムで内部資料の暗記したものを電話で伝えるという常人離れした特技にはびっくりした。それを聞きながら話すというのも凄い。【5段階評価-5.面白い】
30代女性
世界的な活躍を夢見た依頼人を不当な契約から守るために担当した弁護士の甲斐の仕事は、傷付いた依頼人の心のケアもするという素晴らしい仕事ぶりには感動してしまい、真のエリートとはこうあるべきだなと見とれてしまった。【5段階評価-5.面白い】

■第2話『SUITS/スーツ2』ネタバレ感想

【第2話】公式あらすじ

甲斐(織田裕二)とチカ(鈴木保奈美)によって、『幸村・上杉法律事務所』から事実上追い出されていた共同代表の上杉(吉田鋼太郎)が復帰した。上杉は、全スタッフの前で、節操がなく強欲だったかつての行いを詫びると、妻の死をきっかけに人を思いやることの大切さを学んだとアピールし、あっという間に彼らの心を掴む。
チカは、上杉に弱みを握られる前に大輔(中島裕翔)を解雇するよう甲斐に命じた。しかし甲斐は、大輔を辞めさせるなら自分もクビにして欲しいと返す。甲斐が辞めれば、上杉は必ずその理由を探り、無資格の弁護士を雇っていたことでチカを責めるはずだと言うのだ。
あくる朝、チカたちが事務所にやってくると、内装工事が行われていた。上杉の指示だった。その陣頭指揮をとっていたのは蟹江(小手伸也)だ。蟹江は、上杉から事務所の全案件をまとめた資料も作るよう指示されていた。蟹江からその許可を求められたチカはOKするが……。
そんな中、甲斐は、難航している東京国際記念病院と看護師組合の労使交渉をまとめるよう、チカに命じられる。東京国際記念病院は、もともと上杉が獲得したクライアントでもあった。だがチカは、重要な案件は上杉に任せない心づもりでいたのだ。
東京国際記念病院では、待遇に不満を持つ看護師たちが組合を結成し、賃上げを要求していた。それが受け入れられない場合は、内閣官房長官の心臓バイパス手術が行われる日にあわせて一部業務のストライキを行うと宣言していた。
甲斐は、大輔とともに組合をまとめる看護師長の安田佐緒里(黒木瞳)に会いに行く。かつて被災地のボランティアをまとめた手腕でも知られる佐緒里は、弁護士もつけずにたったひとりで交渉の席につく。そこで甲斐たちは、平均5%の給与アップを提示した。しかし佐緒里はそれを拒否し、病院側が50億円もの投資をしてAIオペシステムの導入を進めていることを理由に、15%もの賃金アップを要求。「私たちの仕事を舐めないで」。佐緒里は、甲斐たちにそう言い放ち……。

出典:第2話『SUITS/スーツ2』あらすじ

感想はコチラ
30代男性
小手伸也さんの演技が相変わらずくどくて面白いですね。それから織田さんと鈴木保奈美さんの共演シーンを見るたびに胸の奥がすごく熱くなりますね。東京ラブストーリーの頃がフラッシュバックして嬉しい気持ちが湧いてきます。【5段階評価-5.面白い】
20代男性
吉田鋼太郎さんは、舞台出身の俳優さんだけあって、かなりオーバーな演技をする人だと思いますが、小出真也さんも、負けず劣らずのオーバーアクションで、この2人が一度に画面にうつると、結構、うるさいなと思いました。【5段階評価-5.面白い】
30代男性
上杉の事をクズ呼ばわりしていた蟹江が手の平を返してベッタリモードで動き出す姿は実に蟹江の醜い心理が溢れ出ていて面白く、蟹江はいつまでも悪党のコバンザメで生きていくんだなと感じてしまい、弁護士としては生きていけるだろうが人間としての成長は全く無いと言えるな。【5段階評価-5.面白い】
30代男性
鈴木が幸村に感謝をしていたのが偉いと思います。上杉のオフィスを改装していたのが笑えてよかったです。蟹江が上杉についたのが面白くてよかったです。幸村が上杉に困っていたのが笑えてよかったです。甲斐と上杉が揉めていたのが笑えてよかったです。【5段階評価-5.面白い】
20代男性
チカと上杉はお互い何かを抱えながら握手をしていました。甲斐は鈴木を解雇するかどうか、チカから迫られていました。上杉に取り入ろうとする蟹江が面白かったです。チカと上杉の争いが始まりました。甲斐が面白かったです。【5段階評価-5.面白い】

『SUITS/スーツ2』あらすじ

全米メガヒットドラマ『SUITS』を原作とし、2018年10月期に「月9ドラマ」枠で放送した『SUITS/スーツ』が、2020年4月期の同枠で『SUITS/スーツ2』として放送されることが決定しました。

フジテレビ「月9ドラマ」枠は、1987年4月から放送を開始して以来、134作品のドラマを放送してきました。135作品目となる今作は、これまでの最長話数となる全13話(※注釈1)を超える“月9”史上、歴代最長の話数での放送が決定! 通常の話数より大きく拡大し、7月まで放送されることも決まっています(話数未定)。

原作は、アーロン・コーシュが企画し、「USAネットワーク」のために「ユニバーサル・ケーブル・プロダクションズ」が制作。ニューヨークの大手弁護士事務所を舞台に、敏腕弁護士・ハーヴィー・スペクター(ガブリエル・マクト)と 、彼の才能あふれるチームの面々がさまざまな訴訟に挑む弁護士ドラマで、ダグ・リーマン(マット・デイモン主演の映画『ボーン・アイデンティティー』シリーズ)、デヴィッド・バーティス(映画『オール・ユー・ニード・イズ・キル』)、ジーン・クライン(ドラマ『コバート・アフェア』)が製作総指揮を務め、海外では「NBCユニバーサル・インターナショナル・フォーマット」のフォーマットとして配給されています。

前作に引き続き、主人公・甲斐正午(かい・しょうご)を演じるのは織田裕二さん。甲斐は、日本の四大法律事務所の一つ「幸村・上杉法律事務所」のシニアパートナーとして1、2位を争う活躍をする敏腕弁護士です。甲斐は東大入学後に、ハーバード大学に留学した経歴を持つエリート中のエリートで、企業の買収や合併、企業間の戦略的提携など、主に“金になる”仕事を担当する事務所の稼ぎ頭。自他共に認める優秀な男で頭も切れる反面、非常に傲慢な性格で、勝つためなら違法行為ギリギリの際どい手段を用いることも。織田さんが主演を務めた地上波連続ドラマのシリーズ化は、1987年のデビューから33年のキャリアの中でも今作が初(※注釈2)。ドラマ、映画などでさまざまな役を演じ分け、唯一無二の存在感を放ち、第一線で活躍し続けている織田さんの初挑戦にぜひご注目ください。

甲斐との運命的な出会いをきっかけに、経歴を詐称してアソシエイト弁護士として甲斐と共に働くことになった、明晰な頭脳と驚異的な完全記憶能力を持つ天才青年・鈴木大輔を演じるのは、Hey! Say! JUMPの中島裕翔さん。中島さんが地上波の連続ドラマのシリーズ作品に続けて出演するのは織田さん同様、キャリア初のこと。シーズン1で高く評価されたナチュラルな演技力は今作も健在。誰にでも言いたいことを言う、青臭い正義感を持った鈴木大輔演じる中島さんにご期待ください。

【出典:『SUITS/スーツ2』イントロダクション

『SUITS/スーツ2』CAST&STAFF

織田裕二

1967年12月13日(52歳)神奈川県出身  BAC CORPORATION所属

主な作品
テレビドラマ
主な作品
『東京ラブストーリー』
『振り返れば奴がいる』
『お金がない!』
『真昼の月』
『踊る大捜査線』シリーズ
『IQ246〜華麗なる事件簿〜』
『SUITS/スーツ』シリーズ


映画
『湘南爆走族』
『踊る大捜査線 THE MOVIE』シリーズ
『ホワイトアウト』
『アマルフィ 女神の報酬』
『アンダルシア 女神の報復

中島裕翔

1993年8月10日(26歳)東京都出身 ジャニーズ事務所

映画
『ピンクとグレー』
『僕らのごはんは明日で待ってる』


ドラマ
『スクラップ・ティーチャー〜教師再生〜』
『理想の息子』
『半沢直樹』
『水球ヤンキース』
『デート〜恋とはどんなものかしら〜』
『HOPE〜期待ゼロの新入社員〜』
『母になる』
『SUITS/スーツ』シリーズ

『SUITS/スーツ2』Twitter

■公式アカウント▶︎@drama_suits

https://twitter.com/ems_music0924/status/1249845752483831809

https://twitter.com/kuma_malu/status/1249805322849419264

【第1話から全話まで】ドラマ「SUITS/スーツ2」を見逃し動画無料フル視聴

-フジテレビ
-

Copyright© ネタバレン , 2020 All Rights Reserved.