ドラマあらすじ・ネタバレ・感想まとめ

ネタバレン

2019春ドラマ テレビ朝日

【第5話】ドラマ『特捜9 season2』視聴率とネタバレ。第5話のゲストは舞台俳優陣、勢揃いと話題。

更新日:

2019年春ドラマ『特捜9 season2(毎週水曜21時/テレビ朝日)』ネタバレ、あらすじ、感想をまとめていきます。

主演・井ノ原快彦。共演に寺尾聰、中越典子、羽田美智子、津田寛治、吹越満、田口浩正、山田裕貴、名取裕子ほか。

ドラマ『特捜9 season2』ネタバレ、あらすじ、感想まとめ(主演 井ノ原快彦)

【第3話】『特捜9 season2』の視聴率:12.7%

<前回>【第4話】『特捜9 season2』の視聴率:13.1%

第5話ネタバレあらすじ

特捜班が通り魔を追跡中に、たまたま貿易会社の社長宅で発生した火事現場に遭遇し、そこで家政婦の赤羽柚月に出会います。
彼女は、窓を閉め忘れた事から「私が火事を引き起こした」と言い始めます。
殺害されたのはセレブ妻の間野姫里子で、アロマキャンドルが火元とのことでした。
同時に、赤羽柚月には息子の天馬がいて、過去に学校の放火疑惑で退学に追い込まれた過去があります。
しかし、浅輪が真剣に赤羽親子を信じて捜査するうちに、赤羽親子が事件とは無関係であることが判明します。
真犯人は姫里子の夫である敦朗で、会社が倒産の危機にさらされることを姫里子に罵倒されたことに腹を立てて殺害しました。
事件は無事に解決し、赤羽親子も平和な日々が戻り、天馬も浅輪のような刑事になることを目標に生きることを決意するのでした。

視聴者からの感想

30代女性
ゲストの俳優さんたちがみなさん個性的でキャラが強く、面白かったです。 今回の事件の捜査では、浅輪主任の誠実さがよく表れていました。 放火の疑いで退学になった少年の無実を証明したり、実験によりトリックを見破ったりして、さすがでした。 特捜班の仲間がそんな浅輪主任を信じ支えているのも伝わってきて、本当に良いチームだと感じました。【5段階評価ー5.面白い】
30代男性
学校の放火の犯人は別人だろうと思っていたら予想通りでした。ストーリーはベタな内容でしたが、わかりやすくて見やすかったです。ラストは爽やかな終わり方で、今シーズンの話の中では個人的には一番好きです。また、今シーズンは特捜班のメンバーがいつもと違うコンビで動くことが多く新鮮な気持ちで見ることができています。【5段階評価ー5.面白い】
30代女性
season1からずっと観てますが、相変わらず特捜班のチームワーク好きです。 今回の話し、序盤に通り魔を逮捕するところから始まって、いきなりクスッと笑ってしまいました。新藤に村瀬が先輩風吹かせても無視される感じ。村瀬さんのこのキャラ好きだなー。 そこからの火事。スーパー家政婦さんが何かを隠してる気配がすごいスタート。今回はいつもと違うペアでの捜査だったので新鮮でした。班長は相変わらずマイペースだけど、いつもこの班長の一言が事件解決の糸口になってるし、縁の下の力持ち的存在ですね。オネエのスタイリスト、被害者の旦那、アロマテラピーの女の人と登場人物が続々。家政婦の息子も怪しさ満点だけど、医学部目指してるって時点で犯人ぽくないなーって思えちゃった。学校での放火もこの子じゃ無さそう。アロマテラピーの女の人も怪しいけど…結局みんな怪しく思えてきた(笑) ちょくちょく出てくる青柳さんの優しさにキュンとします。 なんだかんだで一番好きなキャラかも。 浅輪さんの観察眼は今回も光ってますね。その優しさに家政婦の息子さんが助けられて、この家族はハッピーエンド。 放火も違う子が犯人と分かったし、予想的中! 結局犯人は被害者の旦那で殺害動機もあるあるだったけど、殺害方法はへーって思えました。今回は純粋にストーリーに入り込める内容でした。また次回も楽しみです。【5段階評価ー5.面白い】

『特捜9 season2』Twitterからの口コミ

■ツイッター公式アカウント▶︎@5drama9tokusou

ゲスト俳優が舞台俳優で豪華と話題に。

https://twitter.com/kanechin_2jo/status/1126127078707851265

【第3話】ドラマ「特捜9 season2」見逃し無料視聴リンク

【第3話】ドラマ「特捜9 season2」見逃し動画無料フル視聴はコチラ

 

☆ドラマ「特捜9 season2」総合ページ

▶︎ドラマ『特捜9 season2』ネタバレ、あらすじ、感想まとめ(主演 井ノ原快彦)

 

 

-2019春ドラマ, テレビ朝日
-

Copyright© ネタバレン , 2019 All Rights Reserved.