ドラマあらすじ・ネタバレ・感想まとめ

ネタバレン

2019春ドラマ TBS

ドラマ『わたし、定時で帰ります。』ネタバレ、あらすじ、感想まとめ(主演 吉高由里子)

投稿日:

2019年春ドラマ『わたし、定時で帰ります。(毎週火曜22時/TBS)』ネタバレ、あらすじ、感想をまとめていきます。

主演に吉高由里子、向井理。

ドラマ『わたし、定時で帰ります。』を全話フル配信で視聴するなら、

VOD配信サービスの『Paravi』がオススメ!!

月額「925円」(税抜)で最新ドラマや映画が見放題独占配信作品も多数!!

現在『30日間
無料キャンペーン』実施中!!

→『Paravi』を無料視聴するにはコチラ☆

ドラマ『わたし、定時で帰ります。』あらすじ、キャスト、原作(主演 吉高由里子)

■第1話 ネタバレ解説

主人公=吉高由里子は必ず定時に帰るのである。
残業することが当たり前、お決まりになっている社会で、自分の働き方を通し決して曲げず、定時に帰ることを貫いているのだった。

同僚から見れば、定時退社するなどあり得ないと思われているのだが、実は彼女が定時に帰るには理由があったのだ・・・

→【第1話】ネタバレ解説の【続き】はコチラ

■第2話 ネタバレ解説

ディレクターの賤ヶ岳八重は産休から復帰して頑張っているが、同僚の意見も聞かないで何でも自分で決めてしまい、大手飲料メーカーのPRのサイトを作る際、他社と類似していて、クライアントから怒られてしまう。サイトの作成をやり直している際、賤ヶ岳は寝坊し、会社に遅れ、賤ヶ岳の子どもが熱を出してしまう・・・

→【第2話】ネタバレ解説の【続き】はコチラ

■第3話 ネタバレ解説

ドリンクの広告撮影時に、スタッフが「後味、ゴムじゃん」とドリンクの味について喋っている動画がネット上で拡散してしまう。この事態を収束するために東山(吉高由里子)は急遽呼び出され、恋人(中丸雄一)の両親への挨拶が延期になってしまう。動画の件は新人の来栖(泉澤祐希)が友達に配信し、友達が勝手に配信したものだった。そのため自分も被害者で僕には責任がないと主張し、反省しない来栖を副部長の種田(向井理)は叱りつける。責任を問われた来栖は会社辞めると逆切れし、会社を飛び出し、連絡を絶ってしまった・・・

→【第3話】ネタバレ解説の【続き】はコチラ

■第4話 ネタバレ解説

福永は、ネットヒーローズの社長らと会食していると、常務の丸杉から制作4部のある社員がサービス残業をしているという話が入った。

結衣は、種田から吾妻が一度退勤した後にこっそり会社に戻ってきているのだと相談される。
部内で結衣と種田が話をしていると、児玉が、吾妻が銭湯に行って、夜食を食べ、寝袋で寝ているのを見たと言う・・・

→【第4話】ネタバレ解説の【続き】はコチラ

■第5話 ネタバレ解説

巧が結衣の実家に挨拶にやって来た。
結衣の母親が作ったタコ飯を見て巧は怖がり、母親は笑っていたが、仕事人間だった父親は気に入らない様子だった。
父親は、同じ仕事人間の晃太郎を痛く気に入っていたのだった。

結衣が出勤すると、晃太郎は寝ずに仕事をしていて、不精ひげの酷い顔をしていた。結衣はその姿を見て心配していた。

そんな中、ランダーから、緊急の呼び出しがあり、結衣は来栖とともに駆けつけた・・・

→【第5話】ネタバレ解説の【続き】はコチラ

■第6話 ネタバレ解説

東山は、諏訪との新居の引越しをする。
賤ケ岳の話によると、種田は福永とも繋がりがある旧友と起業するらしく、その旧友は諏訪の会社に関係する人だった。
諏訪に「種田はそんなに凄い人なのか?」と問われた東山は、「種田さんがいるから、うちのチームが回っている。」と答え、諏訪は少し複雑な気持ちになる・・・

→【第6話】ネタバレ解説の【続き】はコチラ

■第7話 ネタバレ解説

行きつけの中華料理店で、巧と一緒にいる結衣に酔った勢で今でも結衣の事が好きだと言ってしまった晃太郎。戸惑う結衣。二人で家に戻り再度、自分には巧しかいないと伝えている所に、結衣の父から、母が自分の誕生日を忘れてゴルフに行った父に腹をたてて家出したと連絡が入り、慌てて、実家に様子を見に行ってみると・・・

→【第7話】ネタバレ解説の【続き】はコチラ

■第8話 ネタバレ解説

星印の企画が低予算のまま通ってしまう。通常通りのスケジュールや人員ではとてもじゃないが遂行できないと分かっているユイ達は何とかしてほしいと頼むが、残業してでも頑張って欲しいと福永に言われてしまう。そんな過密スケジュールのチーフを任された賤ヶ岳は何とかこなそうとするが、夫の母が脳梗塞で倒れてしまい、プライベートも大変な状況となる・・・

→【第8話】ネタバレ解説の【続き】はコチラ

■第9話 ネタバレ解説

東山は、福永から「種田が前の会社を辞めたのは、定時で帰れる会社に行きたいからだ。」という話を聞き、元婚約者の自分のためだったことに、気づく・・・

→【第9話】ネタバレ解説の【続き】はコチラ

『わたし、定時で帰ります。』あらすじ

主人公・東山結衣(吉高由里子)はWEB制作会社で働くディレクター。過去のトラウマから入社以来、残業ゼロ生活を貫いてきた。理由が無ければ帰りづらい風潮の中で、仕事中は誰よりも効率を追求し、生産性の高い仕事をし、定時になるときっぱり退社し、行きつけの中華料理屋でビールを楽しむという生活を送っている。だが新任の部長が赴任したことをきっかけに、結衣の前に曲者社員たちが立ちはだかる。ワーカホリックの結衣の元婚約者・種田晃太郎(向井理)、会社に住み着く非効率男・吾妻徹(柄本時生)、辞めたがりの新人男子・来栖泰斗(泉澤祐希)、仕事命の皆勤賞女・三谷佳菜子(シシド・カフカ)、産休明けのワーキングマザー・賤ヶ岳八重(内田有紀)、そして悪気なくブラック発言を連発する部長・福永清次(ユースケ・サンタマリア)。彼ら曲者たちが抱える様々な問題に、結衣はどう立ち向かうのか──?

出典 わたし、定時で帰ります。あらすじ

TBS連続ドラマ初主演!! 吉高由里子スペシャルインタビュー!!【TBS】動画

『わたし、定時で帰ります。』CAST&STAFF

吉高由里子・・・・東山結衣(32)役

1988年7月22日生まれ(30歳)東京都出身 アミューズ

主な作品
テレビドラマ
『太陽と海の教室』
『白い春』
『東京DOGS』
『美丘-君がいた日々-』
『私が恋愛できない理由』
『ガリレオ』
『花子とアン』
『東京タラレバ娘』


映画
『紀子の食卓』
『蛇にピアス』
『カイジ 人生逆転ゲーム』
『GANTZ』
『婚前特急』
『GANTZ PERFECT ANSWER』
『カイジ2 人生奪回ゲーム』
『僕等がいた』
『横道世之介』

 

向井 理・・・種田晃太郎(37)役

1982年2月7日生まれ(36歳)神奈川県横浜市出身 ホリエージェンシー

主な作品
テレビドラマ
『ハチミツとクローバー』
『おせん』
『アタシんちの男子』
『ママさんバレーでつかまえて』
『メイちゃんの執事』
『傍聴マニア09』
『ゲゲゲの女房』
『江〜姫たちの戦国〜』
『S -最後の警官-』


映画
『ガチ☆ボーイ』
『BECK』
『Paradise Kiss』
『信長協奏曲』

吾妻 徹あづま とおる(30)…柄本時生

来栖泰斗くるす たいと(22)…泉澤祐希

三谷佳菜子みたに かなこ(32)…シシド・カフカ

賤ヶ岳 八重しずがたけ やえ(40)…内田有紀

福永清次ふくなが せいじ(48)…ユースケ・サンタマリア

『わたし、定時で帰ります。』原作は?

朱野 帰子 (あけのかえるこ)さんの働き方に悩むすべての会社必読必涙の、全く新しいお仕事小説!

amazonで購入

『わたし、定時で帰ります。』twitterの反応

■公式アカウント▶︎@watashi_teiji

『わたし、定時で帰ります。』ネタバレ・視聴者の感想まとめ(1話〜最終話まで)

ドラマ放送開始後、更新していきます

-2019春ドラマ, TBS
-

Copyright© ネタバレン , 2019 All Rights Reserved.