ドラマあらすじ・ネタバレ・感想まとめ

ネタバレン

2020ドラマ NHK

【第12話(04月14日・火曜)】連続テレビ小説『エール』視聴率とネタバレ。音楽の道に突き進むことにした裕一・・

投稿日:

2020年前半期NHK朝ドラ『エール(毎週月〜金曜8時/NHK)ネタバレ、あらすじ、感想をまとめていきます。

主演に窪田正孝、二階堂ふみ ほか。

NHK朝ドラ『エール』を全話フル配信で視聴するなら
『U-NEXT・NHKオンデマンド』がオススメ!!

放送中のNHK番組や、過去のアーカイブ作品も視聴可能!
現在、31日間無料体験キャンペーン実施中!!
※継続料金で、月々1990円(税抜)かかります。

『U-NEXT』無料視聴はコチラ☆

【第12話】連続テレビ小説『エール』ネタバレ、あらすじ、感想まとめ

視聴率:近日更新

第12話『エール』ネタバレあらすじ

音楽の道に突き進むことにした裕一は、友達からのヒントで頭に曲が浮かんだ。学校では定期演奏会の作曲の決選投票となり、わずか一票差で会長・立林が優先だったが、卒業生の票も加えたことで裕一が選ばれた。家では浩二が家業の呉服店を継ぐことになり、茂兵衛には二人の息子は養子に出さないことを告げた。三郎は呉服店を大きくする話で連帯保証人となったが、呉服店のよしのがとんずらする事態となり、まさと三郎は茂兵衛に頭を下げて金策の工面を懇願する。しかし、茂兵衛は融資の条件として息子たちの養子の話を持ち上げてきた。そんな頃、裕一は立林会長がクラブを辞めることになり、次期会長に裕一が選ばれる。立林会長は裕一の才能を認め、夢を掴むために東京に行くことを勧める。

第12話『エール』感想

30代男性
祐一の音楽が周囲にようやく認められてきたと思ったら、お父さんが騙されてしまい、祐一は養子に出されてしまうのかな?と心配になりました。そして、ハーモニカにサイズはないと思っていたのに、あんなに大きなハーモニカがあることにビックリしました!【5段階評価-5.面白い】
30代男性
窪田正孝さんが、朝から食べていた納豆がとても美味しそうでした。朝ドラで出てくる食事は、いつも美味しそうなものばかりで有名ですが、この作品でも、それは確実に続いているんだなと思いました。おかずの数は少なくても、家族みんなで食べると元気が出そうだなと思いました。【5段階評価-5.面白い】
50代女性
会長に身の程を知れと言われて見返してやろうと対抗心を燃やしていたら君らしくないと言われましたね。さらっとこういうことを言ってくれる友達がいるなんて素敵です。会長も自分に忖度がないように配慮してくれていました。本当は優しい人だったんですね。他人を認めることは簡単なことではないですよね。一方、養子の件はいよいよ逃げられない立場に追い込まれました。次回以降が気になります。【5段階評価-5.面白い】
40代男性
裕一が投票で選ばれて本当に良かったと思いました。これで裕一は音楽家への一歩を踏み出したんだと思いました。しかし、裕一の家族は父三郎のミスで最高の危機を迎えていましたが何とかこの危機を乗り越えてほしいと思いました。【5段階評価-5.面白い】
40代男性
先週の小学生時代から時間が過ぎて高校生になり窪田正孝さんの出演になりました。窪田正孝さんの出演を楽しみにしていたので嬉しかったです。昔はハーモニカがあんなに大きかったのか、とびっくりしました。これからどんな風に家の事情に巻きこまれていくのかとても気になります。【5段階評価-5.面白い】

第12話『エール』Twitterからの口コミ

■公式アカウント▶︎@asadora_nhk

【第12話】NHK連続テレビ小説「スカーレット」を見逃し動画無料フル視聴はコチラ

-2020ドラマ, NHK
-

Copyright© ネタバレン , 2020 All Rights Reserved.