ドラマあらすじ・ネタバレ・感想まとめ

ネタバレン

2020ドラマ NHK

【第14話(04月16日・木曜)】連続テレビ小説『エール』視聴率とネタバレ。裕一は卒業し銀行へ勤めることに

更新日:

2020年前半期NHK朝ドラ『エール(毎週月〜金曜8時/NHK)ネタバレ、あらすじ、感想をまとめていきます。

主演に窪田正孝、二階堂ふみ ほか。

NHK朝ドラ『エール』を全話フル配信で視聴するなら
『U-NEXT・NHKオンデマンド』がオススメ!!

放送中のNHK番組や、過去のアーカイブ作品も視聴可能!
現在、31日間無料体験キャンペーン実施中!!
※継続料金で、月々1990円(税抜)かかります。

『U-NEXT』無料視聴はコチラ☆

【第14話】連続テレビ小説『エール』ネタバレ、あらすじ、感想まとめ

視聴率:近日更新

第14話『エール』ネタバレあらすじ

昭和3年10月。裕一は卒業し銀行へ勤めることになった。権藤家は裕福な資産家だ。裕一はそこの未来の跡取りになるということで、世間の注目の的になった。裕一の勤める地方銀行はとても暇だ!暇すぎて裕一は居眠りしてしまう!未来の頭取ということを気にするものもおらず、裕一は銀行内でも馴染んでいた。平穏な日々が過ぎていくかと思っていたある日、あることが起きた!女性と全く触れあいのない裕一を心配し、同僚がダンスホールに誘ってくれる!一方、喜多一では、裕一の父親・三郎は暗い顔でジーッと座っている。心ここにあらずの状態だ。とても大丈夫そうではない。一方、裕一も違った意味で大丈夫ではなかった。ダンスホールで同僚に押されて、チケットを受けとるのを断らなさそうな女性にチケットを渡そうとする裕一だったが、いきなり1番人気の踊り子が横からやって来て、裕一のチケットを一枚破り、自分と踊ろうと「シャールウィダンス?」と声をかけ、裕一を連れていく。2人でダンスを楽しむ。次の日から裕一が、ニコニコしているので、裕一はその女性に恋をしたのかと同僚たちは話し合う。そこで、裕一の恋を実らせようと、同僚たちは画策するのだった!同僚は、次の日もダンスホールに裕一を連れていく!同僚はチケットを出すように言う。また1番人気の踊り子の周りにはたくさんの男がチケットを差し出している。そこへ、裕一がチケットを差し出した!すると、裕一のチケットをニコリと微笑み受けとった!裕一はそれ以来ダンスホールへずっと通いつづける。1番人気の踊り子が初めて「外でご飯食べない?」と声をかけた!次の日、裕一が踊り子と外でご飯を食べたと聞いた同僚たちは、その話で持ちきりだ!!

第14話『エール』感想

30代男性
父親が悩む中でも裕一は楽しそうに女性と踊る姿から若さや可能性を感じました。彼女との今後の関係が気になりましたが、音ではなかったので、いつどこで繋がっていくのか運命の出会いが楽しみになりました。純粋さが溢れる裕一はとても可愛かったです。【5段階評価-5.面白い】
30代男性
裕一が養子に出されてしまったことは悲しかったのですが、行った先の人たちがみんな親切な人たちばかりだったので、すごく救われたような気持ちになりました。これで嫌な人のところだったらと思うと悲しすぎますからね。【5段階評価-5.面白い】
40代女性
裕一が連れて行ってもらったダンスホールって、あんな風に男性から女性にチケットを渡すんですね。『みんなの憧れの志津さん』がどうして裕一とだけおどったのか、イマイチ謎ですね。しかも外でご飯まで!裕一が舞い上がってしまいましたが、心配です。【5段階評価-5.面白い】
30代男性
銀行員として働く裕一は一気に大人になったと思わせてくれるような成長ぶりでした。初めて訪れたダンスホールで恋をして顔をにやつかせる裕一の姿は見ていて笑えるぐらい面白かったです。環境が変わっても前向きに楽しいことを見つけて生きている裕一の姿は、今の私達が様々なことを我慢して日々を過ごす中でとても励まされます。【5段階評価-5.面白い】
50代男性
おじさんの跡とりとして、銀行員になった裕一ですが、キャラクターの強いひとたちに囲まれましたね、でも良いかたたちで良かったです、いじめられるかと考えてましたから、、今まで知らない世界のダンスホールに行き、そこで一番人気の女性とダンスして、純粋な裕一なので、はまり、泥沼にないらなければよいと思います、それが心配になります、しかし、音楽家もあきらめられないのでは、ないでしょうか、バンドマンがひく曲で団するうちに、しかし、今回はお笑いみたいでした【5段階評価-5.面白い】

第14話『エール』Twitterからの口コミ

■公式アカウント▶︎@asadora_nhk

【第14話】NHK連続テレビ小説「スカーレット」を見逃し動画無料フル視聴はコチラ

-2020ドラマ, NHK
-

Copyright© ネタバレン , 2020 All Rights Reserved.