ドラマあらすじ・ネタバレ・感想まとめ

ネタバレン

2020ドラマ NHK

【第15話(04月17日・金曜)】連続テレビ小説『エール』視聴率とネタバレ。視聴者置いてけぼり?「半分、青い」「なつぞら」ぽいと話題に。

投稿日:

2020年前半期NHK朝ドラ『エール(毎週月〜金曜8時/NHK)ネタバレ、あらすじ、感想をまとめていきます。

主演に窪田正孝、二階堂ふみ ほか。

NHK朝ドラ『エール』を全話フル配信で視聴するなら
『U-NEXT・NHKオンデマンド』がオススメ!!

放送中のNHK番組や、過去のアーカイブ作品も視聴可能!
現在、31日間無料体験キャンペーン実施中!!
※継続料金で、月々1990円(税抜)かかります。

『U-NEXT』無料視聴はコチラ☆

【第15話】連続テレビ小説『エール』ネタバレ、あらすじ、感想まとめ

視聴率:近日更新

第15話『エール』ネタバレあらすじ

銀行員たちは、裕一と志津の事で盛り上がっていた。昌子は「2人をつなぐには接吻しかない」と言い、焦る裕一。みんなで裕一の接吻の為に色々と案が出るが、昌子は「いきなりが良いわ。女は予期せぬ事態がいいのよ」といい、後日『接吻大作戦』が決行される事になった。裕一と志津の食事当日。行員たちもみんなでお店に行き、接吻のチャンスを待つ。いざ、チャンスが来た!と思ったが勇気が出ない裕一であった。だが帰り道、志津から「これからは外で会いましょ」と言われ喜ぶ裕一。その後、裕一に声をかける男が。難とあの乃木大将事村野鉄男であった。鉄男は銀行に勤めている裕一に「お前なにしてる?」と言い、「俺は詩を書いている。お前は曲を書け」と言う。朝、裕一が銀行に行くと茂兵衛に「踊り子に現を抜かすな!」と怒られる。夜、志津に「付き合って下さい」と言ったところ、志津が笑いだし「私よ。とよ!小学校の同級生のとよ」と名乗る。とよは、一目見て裕一だと分かったが、裕一が気が付かないのでからかっただけだった、と告げて去っていった。

第15話『エール』感想

30代男性
裕一がデートで接吻することを同僚に真剣に聞いているところが面白かったです。練習してみるって無理矢理接吻されそうになっているところが笑えました。デート中も教えてもらったことを実践しようと試みているところがまた面白くて笑えました。【5段階評価-5.面白い】
30代男性
冒頭で裕一と同僚のメンバーとで交際の定義の話から、接吻すればいいという話になりました。強引すぎるなと思いましたが裕一自身も乗り気で、実行しようとしていたのが面白かったです。結局接吻はしませんでしたがその手前まで持っていったところを見ると本気で女性のことが好きなんだなと思いました。【5段階評価-5.面白い】
50代男性
接吻するためには予期せぬ事態が必要という銀行の先輩の昌子の提案に乗って、裕一はダンスホールの踊り子・志津とキスをする作戦を実行します。男子にとってそんなドキドキする瞬間はありませんね。しかし突然現れた鉄男の存在は祐一の音楽魂に再び火をつけるかもしれません。どうする祐一、女にうつつを抜かしてる場合ではないかも。【5段階評価-5.面白い】
40代男性
人気踊り子とのデートの帰り、ガキ大将の鉄男に会いました。藤堂先生の紹介で新聞社に就職しました。昔、裕一が言った言葉、「しがみつけばなんとかなるよ」を心にまだ詩を書いている様です。あんな環境での頑張りが凄いです。自分がすっかり音楽を諦めている事に落ち込み、伯父さんには踊り子に夢中ななっている事に怒られ、踊り子が昔の同級生だった事に驚き、とても目まぐるしい展開でした。【5段階評価-5.面白い】
40代男性
高裁の境界線って、接吻って話になったけど、裕一はいきなりのことでとても驚いたと思いました。行員のみなさんは、接吻頑張ってくださいって応援しているけど、裕一にとってはハードルが高すぎるんじゃないかんと思いました。裕一が接吻するまでどう持って行くかって真剣に聞いてたことがかわいいと思いました。【5段階評価-5.面白い】

第15話『エール』Twitterからの口コミ

■公式アカウント▶︎@asadora_nhk

【第15話】NHK連続テレビ小説「スカーレット」を見逃し動画無料フル視聴はコチラ

-2020ドラマ, NHK
-

Copyright© ネタバレン , 2020 All Rights Reserved.