ドラマあらすじ・ネタバレ・感想まとめ

ネタバレン

2020ドラマ NHK

【第18話(04月22日・水曜)】連続テレビ小説『エール』視聴率とネタバレ。裕一の元に届いた国際作曲コンクール入賞の知らせを受け・・

投稿日:

2020年前半期NHK朝ドラ『エール(毎週月〜金曜8時/NHK)ネタバレ、あらすじ、感想をまとめていきます。

主演に窪田正孝、二階堂ふみ ほか。

NHK朝ドラ『エール』を全話フル配信で視聴するなら
『U-NEXT・NHKオンデマンド』がオススメ!!

放送中のNHK番組や、過去のアーカイブ作品も視聴可能!
現在、31日間無料体験キャンペーン実施中!!
※継続料金で、月々1990円(税抜)かかります。

『U-NEXT』無料視聴はコチラ☆

【第18話】連続テレビ小説『エール』ネタバレ、あらすじ、感想まとめ

視聴率:近日更新

第18話『エール』ネタバレあらすじ

裕一の元に届いた国際作曲コンクール入賞の知らせを受けて喜んでいた。しかし、まだ銀行のみんなには黙っていた。その後、権藤家の当主源蔵が急死して裕一が駆けつける。そこで裕一は正式に養子縁組をするべく茂兵衛と話をする。そして、将来の進路のことを手紙に書き藤堂先生に送り会うことになる。そこで裕一は藤堂に入選したことを話しどうしたらいいかを相談すると才能を無駄にしてはいけないと背中を押してくれる。そして、裕一は藤堂に口止めして別れる。しかし、後日藤堂が我慢できずに知り合いに話してしまい裕一のことが新聞に載ってしまう。それを見た茂兵衛が銀行に怒鳴りに来てしまう。一方、新聞を見て音は感動してしまい裕一に手紙を出すのだった。その後、三郎が裕一の元にやってきて酒を飲み交わし入賞を一緒に喜んでくれて留学することを後押ししてくれる。

第18話『エール』感想

30代男性
お父さんが裕一が賞を取ってすごい喜んでいる姿を見ると良かったなと思いました。一度諦めた音楽を何とか続けられるように皆が裕一の為に動き出すところが素敵だなと思いました。裕一が無事に留学できるといいなと思いました。【5段階評価-5.面白い】
30代男性
てっきり裕一はもう養子になっていると思っていました。まだだったんですね。せっかくコンクールに入賞したので、イギリス留学はチャンスだと思うんですが・・時代的には難しいんですかねぇ。なんとか音楽が続けられるといいな、と思います。【5段階評価-5.面白い】
50代男性
主人公は作曲のコンクールで入賞して、留学する権利をもらった。本当にすごい事だと思う。だけど、養子になる先で不幸があり養子の話が早まった。学生時代の先生に入賞の話をしたら、先生が話してしまい、新聞に載ってしまった。養子になるか音楽の道に進むか、とても悩むと思う。お金の事もあるから特に。まだ、二十歳ではなかなか選べない選択だと思う。悔いない選択をして欲しいです。【5段階評価-5.面白い】
40代男性
コンクールで賞をもらった裕一がニヤニヤとして喜んでいる姿は見ていて微笑ましくなりました。そして、後の妻となる音からのファンレターを読むシーンは、ロマンチックで印象的でした。そして、返事を待つ音は、恋する乙女のようでものすごく可愛かったです。【5段階評価-5.面白い】
40代男性
いきなり入賞するとは、祐一はやっぱり才能があったんだなーと思いました。そして、これがキッカケでまた音と繋がるんだなぁと思いました。まだ2人は出会ってはいませんが、いつどのように再会するのか、今から凄く楽しみにしています。【5段階評価-5.面白い】

第18話『エール』Twitterからの口コミ

■公式アカウント▶︎@asadora_nhk

【第18話】NHK連続テレビ小説「スカーレット」を見逃し動画無料フル視聴はコチラ

-2020ドラマ, NHK
-

Copyright© ネタバレン , 2020 All Rights Reserved.