ドラマあらすじ・ネタバレ・感想まとめ

ネタバレン

2020ドラマ NHK

【第24話(04月30日・木曜)】連続テレビ小説『エール』視聴率とネタバレ。

投稿日:

2020年前半期NHK朝ドラ『エール(毎週月〜金曜8時/NHK)ネタバレ、あらすじ、感想をまとめていきます。

主演に窪田正孝、二階堂ふみ ほか。

NHK朝ドラ『エール』を全話フル配信で視聴するなら
『U-NEXT・NHKオンデマンド』がオススメ!!

放送中のNHK番組や、過去のアーカイブ作品も視聴可能!
現在、31日間無料体験キャンペーン実施中!!
※継続料金で、月々1990円(税抜)かかります。

『U-NEXT』無料視聴はコチラ☆

【第24話】連続テレビ小説『エール』ネタバレ、あらすじ、感想まとめ

視聴率:近日更新

第24話『エール』ネタバレあらすじ

裕一が音と結婚したいと言ったことで、それを聞いた三郎は自分に任せておけと語るのだった。翌日、音はなかなかいい詩が浮かばないと吟に愚痴っていた。その頃、家に帰ってきた三郎は浩二と妻に裕一が結婚したがっていることを話すと2人から反対されてしまう。一方、裕一は音の歌の先生と話し先生の身の上話を聞かされていた。その後、裕一は音の家に帰って来たが家には誰もいなくて探し回っていると、梅が部屋にいて驚かれてしまう。そして、梅は音の代わりに詩を書いているがなかなか浮かばないので裕一に「どんな感じで曲を作ってるのか」を聞くと「バーンと降ってくる」と言われてまた梅は悩んでしまう。それを見て裕一は自分の中から出すのではなく外に目を向けると書けるようになるかもというアドバイスを贈るのだった。一方、音は母親と御墓参りに行くことになり父親に音の結婚を報告する。その後、三郎から電報が届き万事よしと書かれてあったので裕一たちは安心するのだった。

第24話『エール』感想

30代女性
裕一と音の結婚を意外にもすんなり認めた三郎が何とかしてやると帰って行きましたが、何か騒ぎを起こしそうだとハラハラして見ました。裕一が歌詞が書けない梅にアドバイスしていましたが、外に目を向けてみるという裕一の考えは、ナルホド、と納得出来て勉強にもなった24話でした。【5段階評価-5.面白い】
40代男性
お父さんが裕一の結婚の話まとめてくれることになって、二人も嬉しそうだったから、裕一と音が無事に結婚できるといいなと思いました。お父さんには頑張って家族を説得して皆に祝福される結婚が出来るように話をまとめていって欲しいなと思いました。【5段階評価-5.面白い】
50代女性
今までクールだと思っていた梅ですが、祐一と接することで意外な一面を見ることが出来ました。お互いに秘密を打ち明けて距離を縮める感じが、見ていてとても微笑ましかったです。祐一の人柄がよく出ていて、こんな義兄欲しいなぁと思いました。【5段階評価-5.面白い】
30代女性
今日は親子4人で話し合いになりましたね。三郎と光子の間では別れる方向で話が進んでいましたが、裕一からの突然のプロポーズ。音も思わずOKしてしまいました。そしてキスまで。裕一が意外にも積極的で驚きました。でも、三郎が茂兵衛を説得できるか心配です。【5段階評価-5.面白い】
30代女性
裕一の父と音の母のやりとりがとても面白かったです。最初は反対していた2人ですが、いつの間にやら賛成へと転じ、これから強い味方になってくれそうな気がしています。裕一のプロポーズに嬉しそうな音がなんとも可愛いかったです。【5段階評価-5.面白い】

第24話『エール』Twitterからの口コミ

■公式アカウント▶︎@asadora_nhk

https://twitter.com/taenaruhana/status/1255753094496804864

【第24話】NHK連続テレビ小説「スカーレット」を見逃し動画無料フル視聴はコチラ

-2020ドラマ, NHK
-

Copyright© ネタバレン , 2020 All Rights Reserved.