ドラマあらすじ・ネタバレ・感想まとめ

ネタバレン

2020ドラマ NHK

【第25話(05月01日・金曜)】連続テレビ小説『エール』視聴率とネタバレ。志村けんさん登場!視聴者の反応は・・

投稿日:

2020年前半期NHK朝ドラ『エール(毎週月〜金曜8時/NHK)ネタバレ、あらすじ、感想をまとめていきます。

主演に窪田正孝、二階堂ふみ ほか。

NHK朝ドラ『エール』を全話フル配信で視聴するなら
『U-NEXT・NHKオンデマンド』がオススメ!!

放送中のNHK番組や、過去のアーカイブ作品も視聴可能!
現在、31日間無料体験キャンペーン実施中!!
※継続料金で、月々1990円(税抜)かかります。

『U-NEXT』無料視聴はコチラ☆

【第25話】連続テレビ小説『エール』ネタバレ、あらすじ、感想まとめ

視聴率:近日更新

第25話『エール』ネタバレあらすじ

演奏会当日、音は緊張のあまり手が震える。だが、裕一は余裕で音を励ます。客の入りは上々で鶴亀はご機嫌である。音は練習のし過ぎで喉の調子が悪いと吟にもらす。裕一が指揮をしながら、いよいよ、音の番がやってくる。音は歌いながら『家族の為に最高の歌を歌う』との思いでいたが、途中、歌を中断してしまう。裕一は客に「彼女は練習しすぎまして・・。ですが、皆さん、この曲は亡くなったお父さんの為に作った歌なんです。聞いてやって下さい」とフォロー。その後のパーティーで光子達は、音の歌声で泣いた、と語り合う。後日、音が「鶴亀が持ち逃げした~!」と激怒。だが裕一は「みんなと会えてよかったよ」と平然としていた。みんなで海に行き、安隆に向かっての思いを叫ぶ。音は父の為に歌を歌う。裕一は海に向かって「音さんを産んでくれてありがとうございます!」と叫ぶが、光子達は「産んだのは私よ」と笑い合う。音と吟は東京へ、裕一は福島に戻った。その頃、新聞の裕一の記事を読んだ昭和の大物作曲家・小山田耕三は、裕一に興味を持つのであった。

第25話『エール』感想

30代女性
鶴亀に騙されたと分かった時の、音以外の人達の反応が面白かったです。憤慨する音とは対象的に、皆が皆、「やっぱりね〜」というような落ち着いた反応で、それによって音の怒りも落ち着いていて、音にとって良い環境だなと、改めて感じました。【5段階評価-5.面白い】
40代男性
今日の放送は、発表会でした。ゆういちは、指揮者を見事にこなし素晴らしかったです。音は、歌う前に緊張して、歩き方が面白かったけど、たくさんの人前で歌うとなれば誰でも緊張すると感じました。音は、歌うけど、声がでなくなり、途中でやめてしまいます。ゆういちは、音にアドバイスをします。声がでなくても心を込めて歌えば大丈夫といった台詞が心に響きました。海辺で歌う音の歌に聴き入ってしまいました。最後に、志村さんがでてきて泣きそうでした。【5段階評価-5.面白い】
50代女性
音は緊張と練習のしすぎで喉に違和感を覚えていて、発表会の途中で歌うのをやめてしまいかけました。性格的に緊張するようなタイプではなさそうなのに、それだけ思い入れが強かったこともあってのことなのかなと思いました。【5段階評価-5.面白い】
30代女性
音楽会での裕一の指揮者として舞台に立つ姿はいつもの裕一とは違って、とても凛々しく素敵でした。梅の作詞した歌を歌いたいのに、声が出ないという音に優しく、強く背中を押してあげる裕一は本当に優しくて素晴らしい人だなと、心が温かくなりました。【5段階評価-5.面白い】
30代女性
祐一は普段は頼りないのに、いざとなったら頼れる男らしい人なんだなと思いました。「音さんを産んでくれてありがとう!」とお父さんに言う天然ぶりも可愛くて、ギャップがいいなぁと思いました。そして、志村けんさんが登場しましたが、いつもと雰囲気が違っていてビックリしました!【5段階評価-5.面白い】

第25話『エール』Twitterからの口コミ

■公式アカウント▶︎@asadora_nhk

【第25話】NHK連続テレビ小説「スカーレット」を見逃し動画無料フル視聴はコチラ

-2020ドラマ, NHK
-

Copyright© ネタバレン , 2020 All Rights Reserved.