ドラマあらすじ・ネタバレ・感想まとめ

ネタバレン

2020ドラマ NHK

【第3話(04月01日・水曜)】連続テレビ小説『エール』視聴率とネタバレ。

投稿日:

2020年前半期NHK朝ドラ『エール(毎週月〜金曜8時/NHK)ネタバレ、あらすじ、感想をまとめていきます。

主演に窪田正孝、二階堂ふみ ほか。

NHK朝ドラ『エール』を全話フル配信で視聴するなら
『U-NEXT・NHKオンデマンド』がオススメ!!

放送中のNHK番組や、過去のアーカイブ作品も視聴可能!
現在、31日間無料体験キャンペーン実施中!!
※継続料金で、月々1990円(税抜)かかります。

『U-NEXT』無料視聴はコチラ☆

【第3話】連続テレビ小説『エール』ネタバレ、あらすじ、感想まとめ

視聴率:近日更新

第3話『エール』ネタバレあらすじ

祐一は、蓄音機から流れる西洋音楽を初めて聞き魅せられて以来、朝ご飯の時も西洋音楽を聴いていた。三郎が運動会の日にちを聞き、今年はうまく走れるといっていた。祐一は、運動会が近づくにつれ元気がなくなり憂鬱な気持ちで一杯だった。学校では騎馬戦の練習をしていたが、祐一のせいで馬が潰れ、みんなの足を引っ張っていた。体育の先生がふざけていると思い、祐一は気合いをいれるようにと言われ怒られていた。赴任してきた藤堂先生が止めに入って助けてくれた、藤堂先生は、人と人は顔が違う。他人との違いを気にしないようにといった。祐一は父親の三郎と速く走れるように祐一と練習をしたが、なかなかうまくいかなかった。体育会当日、野木大将のひとり舞台だった。祐一は徒競走で転んでしまったが、ハーモニカの演奏が聞こえると祐一は立ってゴールへ向かって歩き出した。

第3話『エール』感想

50代男性
親って何で子供には見えを張るのかなと思うのですが、子供にはお父さんかっこいいって思われたいんだなと思いました。子供の前では間違っていてもお父さんすごいなって思われたいんだからそっとしておいてあげてほしいなと思いました。【5段階評価-5.面白い】
30代男性
運動が苦手な子にとっては、運動会は憂鬱なもの。今はリレーに順位を付けない学校もあるらしいけれど、大正デモクラシーの時代ではそんな忖度があるわけないし、体罰さえも公然と行われているのが普通だった時代で、裕一の学校に優しく知性的な先生が赴任してきたのは幸運だったと思います。一風変わった転校生も、どのように裕一と関わってくるのか気になりますね。【5段階評価-5.面白い】
20代女性
今回も唐沢寿明さんの演技力の光った放送だったように思いました。存在感が別格。子供たちと一緒にいるシーンだとそうなります。裕一のピンチに森山直太朗さん登場。いい役です。これから森山さんの音楽のシーンが増えてくるのかもしれませんね。【5段階評価-5.面白い】
30代女性
何もかもが上手くいかない幼少期の裕一に父親の三郎が思い付きで出産祝いと勝手に買ってきた蓄音機から聞こえてきた初めて聴いた威風堂々に、人生を一転させる雰囲気が感じられたもののそう簡単には変わらない展開は実に現実的、ではあるものの苦しみが続く裕一の姿を見るのは切ない。【5段階評価-5.面白い】
30代男性
もうすぐ裕一の学校の運動会です。運動の苦手な裕一は憂鬱で仕方がありません。苦手なものは仕方がないですよね。そんな時、新しくやってきた先生に出会います。みんな同じではないんだと諭されました。生涯の友になる子にも出会ったし、裕一の周りが変わってくる予感がしました。【5段階評価-5.面白い】

第3話『エール』Twitterからの口コミ

■公式アカウント▶︎@asadora_nhk

【第3話】NHK連続テレビ小説「スカーレット」を見逃し動画無料フル視聴はコチラ

-2020ドラマ, NHK
-

Copyright© ネタバレン , 2020 All Rights Reserved.