ドラマあらすじ・ネタバレ・感想まとめ

ネタバレン

2020ドラマ NHK

【第35話(05月15日・金曜)】連続テレビ小説『エール』視聴率とネタバレ。久志に『鷹ノ塚記念公演』の『椿姫』に出てみたら、と言われる音・・

更新日:

2020年前半期NHK朝ドラ『エール(毎週月〜金曜8時/NHK)ネタバレ、あらすじ、感想をまとめていきます。

主演に窪田正孝、二階堂ふみ ほか。

NHK朝ドラ『エール』を全話フル配信で視聴するなら
『U-NEXT・NHKオンデマンド』がオススメ!!

放送中のNHK番組や、過去のアーカイブ作品も視聴可能!
現在、31日間無料体験キャンペーン実施中!!
※継続料金で、月々1990円(税抜)かかります。

『U-NEXT』無料視聴はコチラ☆

【第35話】連続テレビ小説『エール』ネタバレ、あらすじ、感想まとめ

視聴率:近日更新

第35話『エール』ネタバレあらすじ

久志に『鷹ノ塚記念公演』の『椿姫』に出てみたら、と言われる音。裕一は作曲家の小山田がアイスを食べているところを偶然見かける。思い切って挨拶するが、小山田は「赤レーベルではどんな曲を出したのかな」と言われる。そして去っていく小山田。裕一は取り付かれたように曲を作り続ける。寝ずに成果を上げようとする裕一を心配する音。廿日市は「こんな音域が出せるか!」と怒る。一方、学校では音が『椿姫』のプリマドンナに応募したことを千鶴子に知らせ「わたしはやって後悔した方が良い」と言う。バンブーでもコーヒーを飲みながら曲を作る裕一だが、音のコンクールの日に裕一が倒れてしまう。医師は心労が重なると胃が重くなる、といい、バンブーの恵達はコーヒーの飲みすぎだと思う。学校に音はギリギリ着くが先生は「時間ですので」と断ろうとする。だが久志と千鶴子が庇い、審査を受ける音は一次審査に合格する。久志に裕一の事を相談する音。すると突然、早稲田大学の応援団が裕一の元を訪れ、団長が挨拶するのであった。

第35話『エール』感想

40代男性
音が受けるプリマドンナ選考会の朝に裕一が倒れてしまうというタイミングの悪さに、裕一しっかりしてくれよと思ってしまった。バンブーの夫妻も悪くないのに責任を感じていて、良い人達だとつくづく思った。また、千鶴子が音を認め出しているようで嬉しかった。【5段階評価-5.面白い】
30代男性
小山田先生の祐一に対する指摘が厳しい!と感じた。特に赤レーベルの曲の意味や作曲した曲がレコード化していないことについて、何気なく指摘して何気なく別れる所が印象に残った。又、音が試験会場にギリギリセーフのタイミングで教官が不合格と告げたが、それに対し久志と夏目が時間1分前でしたと教官に不合格を撤回させたチームワークに通快感を覚えた。夏目の本当の意味でのライバル意識が現れた瞬間でした。音と夏目の今後の関係が楽しみです・【5段階評価-5.面白い】
30代女性
ゆういちは、念願の小山田先生にあえて緊張する様子が感じられました。しかし、小山田先生からは、曲は、何枚出したのといわれ、ゆういちのプレッシャーになり、ゆういちは徹夜で曲を作りますが、なかなかできずに、倒れ込んでしまいます。熱意は、凄く伝わりました。一方、音は、選考会に遅れますが、なんとか発表ができて、一次審査を通過します。凄いと感じました。選ばれて欲しいです。最後の場面は、ゆういちの自宅に早稲田大学の応援団が押しかけて終わりました。また、来週も楽しみです。【5段階評価-5.面白い】
40代男性
やっと裕一と小山田先生が出会えましたね!でも、もっと先生は激励してくれるのかな、と思っていたら「君は赤レーベルだよね」と。ちょっと冷たく感じてしまいました。裕一が頑張りすぎて倒れてしまったのが可哀そうでした。胃潰瘍かな、って思いましたね。【5段階評価-5.面白い】
30代女性
小山田先生から赤レーベルでどんな曲を出したのかなと言われた事で、裕一がプレッシャーを感じたのか、作曲に迷走している感じで、寝るのも惜しんで作曲してもうまくいかない裕一の必死さがとても伝わってきました。倒れてしまうくらいの心労だったんだと思いました。【5段階評価-5.面白い】

第35話『エール』Twitterからの口コミ

■公式アカウント▶︎@asadora_nhk

https://twitter.com/uni12060099/status/1261142629682606080

【第35話】NHK連続テレビ小説「スカーレット」を見逃し動画無料フル視聴はコチラ

-2020ドラマ, NHK
-

Copyright© ネタバレン , 2020 All Rights Reserved.