ドラマあらすじ・ネタバレ・感想まとめ

ネタバレン

2020ドラマ NHK

【第37話(05月19日・火曜)】連続テレビ小説『エール』視聴率とネタバレ。その頃、裕一は小山田先生に自分が作った曲を・・

更新日:

2020年前半期NHK朝ドラ『エール(毎週月〜金曜8時/NHK)ネタバレ、あらすじ、感想をまとめていきます。

主演に窪田正孝、二階堂ふみ ほか。

NHK朝ドラ『エール』を全話フル配信で視聴するなら
『U-NEXT・NHKオンデマンド』がオススメ!!

放送中のNHK番組や、過去のアーカイブ作品も視聴可能!
現在、31日間無料体験キャンペーン実施中!!
※継続料金で、月々1990円(税抜)かかります。

『U-NEXT』無料視聴はコチラ☆

【第37話】連続テレビ小説『エール』ネタバレ、あらすじ、感想まとめ

視聴率:近日更新

第37話『エール』ネタバレあらすじ

裕一は木枯から歌手の山藤太郎を紹介され、裕一の曲は山藤に合うと言われた。裕一が早稲田応援歌の話しをすると山藤は慶應応援歌の歌の指導をしたと言った。バンブーで作曲をしていると、マスターが曲をかけないのは自分の音楽を作ろうとするからだ。自分はコーヒーブレンドするときお客さんの事を考えるといったが、裕一はマスターの本意が理解できなかった。家に帰って音に愚痴ると、音は廿日市が「作ってくる曲が鼻につく。こざかしい技術をひけらかして曲を台無しにしている」と言ってた事を裕一に話した。裕一は自分の音楽は捨てないといい、音が話した本意を理解できなかった。音は明日からご飯を作らないと夫婦喧嘩になった。音は久志に相談し、久志は裕一の最大の幸福は音だ。音楽はその次だと言った。音は裕一を心配する日々を送っていた。裕一は曲を書き上げた。早稲田大学の田中は曲ができてこないことに焦っていた。学校側から作曲を小山田先生に頼むと言われ、田中は自分の腹が決まり、絶対に裕一に作曲して貰うと宣言した。その頃、裕一は小山田先生に自分が作った曲を見せていた。

第37話『エール』感想

40代男性
今日の裕一は見ていて嫌だった。バンブーのマスターも音も裕一の為を思って言ってくれているのに、素直に受け取れない裕一が見ていられなかった。そのくらい追い詰められているのだろうが、良い気はしなかった。早く裕一らしさを取り戻してほしい。【5段階評価-5.面白い】
30代男性
裕一が曲を書いても、中々、廿日市や会社側が認めてくれないのは『自分の曲』にこだわっているからなんですね。裕一は昔から西洋音楽を聴いていたから仕方がないですが、会社は『売れる音楽』『大衆音楽』を作れ、との事だった、と。どうするんでしょうか。【5段階評価-5.面白い】
30代女性
歌手の山藤が慶応大学の若き血の歌唱指導をした人だった事でも裕一は人を引き寄せているのだと思い、また最後に小山田に会いに行く行動力は凄いと思った。独学で取り組んで来た裕一の苦しみ、それを家康の遺訓を元に見守る音の苦しみはよく伝わっていたと思う。【5段階評価-5.面白い】
40代男性
ゆういちは、早稲田大学の応援団の生徒に応援歌の曲作りを頼まれます。家に生徒たちが押し掛けてきたときは、ビックリしました。ゆういちは、自分の音楽にこだわっていることで、音からレコード会社の人にゆういちの曲は鼻につくと言われて、ゆういちは、怒り、音とけんかします。音もご飯を作りませんといい、ゆういちは、音の嫌いな納豆ばかり食べたり、部屋に入るべからずと張り紙をしたりして、けんかのやりとりが子供ぽく笑えました。ゆういちのできあがった曲を小山田先生がみているところで終わり、採用されたらよいなぁと感じました。【5段階評価-5.面白い】
30代女性
音が裕一に廿日市が言っていた事を話したけど、音にとってはとても勇気がいったと思いました。裕一がその事を聞いて何というか賭けたのかなと思いました。でも久志が言うとおりの反応で裕一の考え方を変えたいと思ったんじゃないかと思いました。【5段階評価-5.面白い】

第37話『エール』Twitterからの口コミ

■公式アカウント▶︎@asadora_nhk

【第37話】NHK連続テレビ小説「スカーレット」を見逃し動画無料フル視聴はコチラ

-2020ドラマ, NHK
-

Copyright© ネタバレン , 2020 All Rights Reserved.