ドラマあらすじ・ネタバレ・感想まとめ

ネタバレン

2020ドラマ NHK

【第38話(05月20日・水曜)】連続テレビ小説『エール』視聴率とネタバレ。音は、実家に帰ると手紙を残し・・?!

投稿日:

2020年前半期NHK朝ドラ『エール(毎週月〜金曜8時/NHK)ネタバレ、あらすじ、感想をまとめていきます。

主演に窪田正孝、二階堂ふみ ほか。

NHK朝ドラ『エール』を全話フル配信で視聴するなら
『U-NEXT・NHKオンデマンド』がオススメ!!

放送中のNHK番組や、過去のアーカイブ作品も視聴可能!
現在、31日間無料体験キャンペーン実施中!!
※継続料金で、月々1990円(税抜)かかります。

『U-NEXT』無料視聴はコチラ☆

【第38話】連続テレビ小説『エール』ネタバレ、あらすじ、感想まとめ

視聴率:近日更新

第38話『エール』ネタバレあらすじ

志村けん扮する小山田先生に祐一が渾身の作曲した内容を見せるが、先生に鼻で笑われて突っ返される。祐一は自分の力のなさに愕然として帰宅、自分の部屋に音が居る事を知っていながら、自分の作曲したノートなどを破り始める。一方、早稲田の応援部は、祐一に依頼した応援歌の作曲の期限が3日前となり、団長以下部員が祐一の行きつけの喫茶店で作曲が出来るまで待機していた。そこに慶応の団長が喫茶店に入店し、早稲田の団長と小競り合いを始める。慶応の団長は才気をひけらかして優位に立っていたが、喫茶店のママが過去のことを話し始める(自分の才気をある人に踏みにじられて自信を無くして、大学を辞めた)。慶応の団長はその話を聞いて、ばつが悪そうに喫茶店を離れる。早稲田の団長以下団員が祐一の部屋へ応援に駆け付けるが、祐一は作曲できないでいる。挙句の果てに早稲田の応援は自己満足ではないかと言い切る。それを聞いていた音は、祐一に失望して?実家に帰ると手紙を残し居なくなる。

第38話『エール』感想

40代男性
裕一はとても自信家だったんだなと初めて知りました。音はとてもビックリしたと思います。人に当たってしまったり、認められず暴れたりと人間がリアルに描かれていると感じる回でした。音は裕一に呆れて帰ってしまったのか今後が気になります。【5段階評価-5.面白い】
30代男性
裕一はようやく作った曲は小山田からが無言で突き返され、とてもショックな様子が辛かった。とうとう音が見切ったのか実家に帰り、裕一の心身が心配になる。早稲田大学の学生たちが現れることで、元気をもらえ愉快なシ-ンが気に入っている。【5段階評価-5.面白い】
30代女性
仕事も頼まれている早稲田の応援歌も進めず小山田のところに渾身の作品を裕一は持っていきますが反応がありません。裕一はどうしたら良いのか精神的に参った状態で音は何をするべきか困ってしまっています。こんな時、周りの家族はなすすべもなく自分も精神的に参ってしまいそうです。【5段階評価-5.面白い】
40代男性
バンブーで、早稲田大学応援部の田中が注文したミルクセーキが、とても懐かしくておいしそうでした。子供の頃、母が作ってくれてミルクセーキを思い出しました。バンブーの女店主の恵が、まさかオックスフォード大学で法律を勉強してたなんて驚きしかなかったです。【5段階評価-5.面白い】
30代女性
裕一が寝ずに作った『反逆の詩』が、小山田先生に「フッ」と笑われただけで、ちょっと悲しくなりました。せめて一言でもあどばアドバイスがあったら良かったのにな、って思います。まだまだ足元にも及ばない、って事なのか、勝手に作ったから悪かったんでしょうか?【5段階評価-5.面白い】

第38話『エール』Twitterからの口コミ

■公式アカウント▶︎@asadora_nhk

【第38話】NHK連続テレビ小説「スカーレット」を見逃し動画無料フル視聴はコチラ

-2020ドラマ, NHK
-

Copyright© ネタバレン , 2020 All Rights Reserved.