ドラマあらすじ・ネタバレ・感想まとめ

ネタバレン

2020ドラマ NHK

【第4話(04月02日・木曜)】連続テレビ小説『エール』視聴率とネタバレ。新学期が始まり裕一は5年生に

更新日:

2020年前半期NHK朝ドラ『エール(毎週月〜金曜8時/NHK)ネタバレ、あらすじ、感想をまとめていきます。

主演に窪田正孝、二階堂ふみ ほか。

NHK朝ドラ『エール』を全話フル配信で視聴するなら
『U-NEXT・NHKオンデマンド』がオススメ!!

放送中のNHK番組や、過去のアーカイブ作品も視聴可能!
現在、31日間無料体験キャンペーン実施中!!
※継続料金で、月々1990円(税抜)かかります。

『U-NEXT』無料視聴はコチラ☆

【第4話】連続テレビ小説『エール』ネタバレ、あらすじ、感想まとめ

視聴率:近日更新

第4話『エール』ネタバレあらすじ

4月、新学期が始まり裕一は5年生になった。担任は藤堂先生。昨年、裕一に人との違いを気にするなという新しい価値観を教えてくれた人だ。藤堂先生は音楽教育に注力しており、早速とある詩に音楽をつける課題を休日の宿題をとして出した。翌日、裕一は母の実家がある川俣に出かけ、そこで偶然耳にした讃美歌の響きに心をすっかり奪われる。そして、福島に帰ると父が西洋音楽の新しいレコード集を買って待っていた。出会った様々な音色が裕一の中で一つになり、宿題が完成する。裕一の音楽を目にした藤堂先生は、その出来に驚愕するのだった。裕一が音楽と大きな出会いを果たす一方、川俣では、母が、2人の息子のどちらかを養子に出すよう実家の跡継ぎである兄から迫られ、福島では、裕一の弟が、兄のためにレコードを買い与え続ける父の姿に、自分への愛情が実感できずさみしさを感じていた。

第4話『エール』感想

40代男性
裕一を助けてくれた藤堂先生が担任になりました。自分を理解してくれる人がいると笑顔になれるものですね。裕一は曲をつけてみるという勉強に向き合っています。自分が興味のある事は誰でも楽しいです。裕一も前向きで笑顔がとても可愛いです。頭の中で音を巡らせて曲を作っていまいました。驚きです。【5段階評価-5.面白い】
20代女性
5年生になった裕一は担任に恵まれたが、いじめっ子たちとも同じクラスでどんな小学校生活を送るのが楽しみです。曲をつけるという課題にワクワクが溢れ出ているような目の輝きが可愛かったです。そして恋をした音との出会いがこんなに早いとは思いませんでした。【5段階評価-5.面白い】
30代男性
裕一に希望の光を与えた運命の出会いをした教師の藤堂が遂に担任教師となり直接指導する展開にワクワクしてしまい、藤堂が課題として出した北原白秋の詩に曲をつけるというのが珍しく感じられ、こういった新鮮な出来事も裕一の芸術的思考に大きな刺激を与えたのが良かったのかもしれない。【5段階評価-5.面白い】
40代男性
裕一と名コンビが誕生したようです。少しおませな子。どっから来たんだという登場でしたが。お母さんの実家がかなりの資産家である様子。何やら風間杜夫さん含めてこれから影響がありそうな予感がします。女の子とはどこで再会するのでしょうか。【5段階評価-5.面白い】
30代女性
学校で運動会が行われるお話でしたが、裕一は運動が苦手なのでハラハラしながら観ました。裕一が転んでしまった時に、周りの人たちが笑うのが少し辛かったです。その後ハーモニカの演奏が聞こえてきてすぐ、手のひらを返したように一斉に応援しだすのも、何だか違和感がありました。お話を盛り上げる演出なのだろうとは思いますが、そこまで大袈裟にしなくても良いのになというのが正直な感想です。4話で良かったのは、森山直太朗さんの演技が見れたことです。演技しているところを初めて見ましたが、違和感なく雰囲気の良い先生を演じていました。今後裕一とどう関わっていくのか楽しみです。【5段階評価-5.面白い】

第4話『エール』Twitterからの口コミ

■公式アカウント▶︎@asadora_nhk

【第4話】NHK連続テレビ小説「スカーレット」を見逃し動画無料フル視聴はコチラ

-2020ドラマ, NHK
-

Copyright© ネタバレン , 2020 All Rights Reserved.