ドラマあらすじ・ネタバレ・感想まとめ

ネタバレン

2020ドラマ NHK

【第40話(05月22日・金曜)】連続テレビ小説『エール』視聴率とネタバレ。田中の言葉を思い出しながら曲を書く裕一・・

投稿日:

2020年前半期NHK朝ドラ『エール(毎週月〜金曜8時/NHK)ネタバレ、あらすじ、感想をまとめていきます。

主演に窪田正孝、二階堂ふみ ほか。

NHK朝ドラ『エール』を全話フル配信で視聴するなら
『U-NEXT・NHKオンデマンド』がオススメ!!

放送中のNHK番組や、過去のアーカイブ作品も視聴可能!
現在、31日間無料体験キャンペーン実施中!!
※継続料金で、月々1990円(税抜)かかります。

『U-NEXT』無料視聴はコチラ☆

【第40話】連続テレビ小説『エール』ネタバレ、あらすじ、感想まとめ

視聴率:近日更新

第40話『エール』ネタバレあらすじ

田中の言葉を思い出しながら曲を書く裕一。早稲田の事務局長は小山田に頼んだようだが応援団は裕一の曲で応援していく。早稲田対慶応の1勝1敗で迎えた最終戦、早稲田が5対4で勝利する。裕一と音は試合観戦後にラーメンを食べながら「なんだろうね。一体感が生まれた時のあの興奮って」「奮い立つ、って事なのかな」と楽しそうに話す。そこに田中が応援団を連れてやって来て「先生のお陰で力になりました」と言い、裕一にエールを送り『紺碧の空』を歌う。田中の友・清水もラジオで喜ぶ。一方、木枯の曲がB面からA面となって販売決定する。裕一は「もう1度やってみる」と伝える。そして自分は自分ばかり見ていて独り善がりだった、と言う。学校で、音は千鶴子に「本気で歌手を目指しているの?」と言われるが「歌は心から生まれるものだ、と彼に教わった」と言う。その頃、裕一は鉄男に一緒に曲を作ることを提案する。そして「歌うのは・・彼だ」というと久志がやってくるのであった。

第40話『エール』感想

40代男性
古い映像を織り交ぜた構成に臨場感を感じすごく良かった。自分のためにとか自分の才能をひけらかす音楽って結局独りよがりで面白くない。そんなことに気づけて殻が破れてほんとによかった。応援団長の熱演も良かったよね。【5段階評価-5.面白い】
30代男性
裕一の作曲した紺碧の空、今もなお歌い継がれているということに感動しました。初めて聞きましたが、王道の歌いやすい応援歌という印象を受けました。これを機会に音との仲も深まり、音もヴィオレッタへの思いが強くなったようで、ぜひ千鶴子から勝ち取ってほしいです。【5段階評価-5.面白い】
30代女性
できないよと何度も言っていた裕一が応援団長の田中の応援への思いを聞いた途端に書き始める姿は開眼したと感じた反面、物凄い勢いで書き上げていく所を見ると天才だろうが不安定さが感じられ、妻の音にはもっと裕一をしっかりと支えながら引っ張っていく必要性があるなと思ってしまう。【5段階評価-5.面白い】
40代男性
早稲田の応援歌『紺碧の空』ってとても良い曲だな、と思いながら見ました(今まで聞いた事が無かったです)。裕一が自分の為じゃなくて「誰かの為に」書いた曲で、それが人を励ます曲になって良かったなって感動しました!【5段階評価-5.面白い】
30代女性
早稲田の応援歌が書き上がって安心しました。応援部の田中達もちゃんと裕一の部屋で待っていてくれて、裕一の報告にとても喜んだと思いました。裕一と音が早慶戦の応援に出かけて、最終戦で勝利を勝ち取ってとても喜んでいる姿が印象的でした。【5段階評価-5.面白い】

第40話『エール』Twitterからの口コミ

■公式アカウント▶︎@asadora_nhk

【第40話】NHK連続テレビ小説「スカーレット」を見逃し動画無料フル視聴はコチラ

-2020ドラマ, NHK
-

Copyright© ネタバレン , 2020 All Rights Reserved.