ドラマあらすじ・ネタバレ・感想まとめ

ネタバレン

2020ドラマ NHK

【第41話(05月25日・月曜)】連続テレビ小説『エール』視聴率とネタバレ。、最終選考で勝つのは難しいと言われ・・

投稿日:

2020年前半期NHK朝ドラ『エール(毎週月〜金曜8時/NHK)ネタバレ、あらすじ、感想をまとめていきます。

主演に窪田正孝、二階堂ふみ ほか。

NHK朝ドラ『エール』を全話フル配信で視聴するなら
『U-NEXT・NHKオンデマンド』がオススメ!!

放送中のNHK番組や、過去のアーカイブ作品も視聴可能!
現在、31日間無料体験キャンペーン実施中!!
※継続料金で、月々1990円(税抜)かかります。

『U-NEXT』無料視聴はコチラ☆

【第41話】連続テレビ小説『エール』ネタバレ、あらすじ、感想まとめ

視聴率:近日更新

第41話『エール』ネタバレあらすじ

裕一は鉄男に、一緒に夢をかなえよう言うが、鉄男は家族を安なうため、今は福島で記者の仕事があると言う。が、東京によく来るようで事情がありそうだ。誰かが映る写真を気にしている様子だ。音は、学校で特別講師の環に再会し、以前教会で会い、レコードをもらったことを話すと環は覚えていた。が、環は千鶴子に、以前聞いた歌が良かったと声をかける。裕一は音に、鉄男は卑怯なことはしない強い男だと話すと、音は、鉄男は誘ってもらってうれしかったと思うと言う。コロンブスレコードで、裕一は廿日市から、早稲田の応援歌を作ったことで嫌味を言われ、地方小唄の作曲をするように依頼させる。木枯がお祝いだと裕一をカフェーに誘う。そこに、福島にいたと言う女給さんがいた。学校で2次審査が始まる。環も審査員として参加し、皆に歌っている時の気もちを聞くと、音は、歌って楽しいと思って歌ったと答えた。審査の結果、音と千鶴子が通過した。音は、廊下で環に会うと、最終選考で勝つのは難しいと言われる。

第41話『エール』感想

40代男性
紺碧の空を書き上げた事で自信が付き、気持ちが高揚している姿は理解出来るが廿日市の言動を見て心配になった。音が最終選考に残ったのは、楽しいと思って歌っていたと答えたからだと思うが、勝つのは難しいと環に言われ音がどのように行動するのか、鉄男は上京するのかが気になった。【5段階評価-5.面白い】
30代男性
今日は、窪田正孝さんも、二階堂ふみさんも、子どもの頃のことを思い出す機会があり、子役を務めた子ども達の回想シーンが見られて良かったです。二階堂ふみさんの子ども時代を務めた女の子は、何度、見てもそっくりで、最高にかわいいなと思いました。それにしても、光石研さんが早くに亡くなってしまったのは残念だったなと思いました。【5段階評価-5.面白い】
30代女性
裕一が以前のように自信を取り戻したようで、嬉しかったです。木枯ともいい友人関係のようで安心しました。裕一がカフェーを楽しんでいる様子が面白かったです。環が音に言った、最終選考に勝つのは難しいという言葉の真意が気になります。【5段階評価-5.面白い】
40代男性
裕一・鉄男・久志が3人揃ったので「これは楽しみ!」だと思ったら、まだ鉄男は福島だったんですね。3人での活躍はもう少し先になりそうですね。でも裕一は『ご当地ソング』に乗り気になっているのでいい傾向だと思います。【5段階評価-5.面白い】
30代女性
音楽学校の二次選考会で歌っていた人達が、みんな上手で驚きました。音も負けず劣らず実力を発揮できたと思いました。双浦環が何を考えながら歌っていたか質問したときに音が楽しいと思いながらと言ったことが、音らしいと思いました。【5段階評価-5.面白い】

第41話『エール』Twitterからの口コミ

■公式アカウント▶︎@asadora_nhk

https://twitter.com/lovefamilymoon/status/1264797474339688450

【第41話】NHK連続テレビ小説「スカーレット」を見逃し動画無料フル視聴はコチラ

-2020ドラマ, NHK
-

Copyright© ネタバレン , 2020 All Rights Reserved.