ドラマあらすじ・ネタバレ・感想まとめ

ネタバレン

2020ドラマ NHK

【第42話(05月26日・火曜)】連続テレビ小説『エール』視聴率とネタバレ。バンブー夫妻が話題に!

投稿日:

2020年前半期NHK朝ドラ『エール(毎週月〜金曜8時/NHK)ネタバレ、あらすじ、感想をまとめていきます。

主演に窪田正孝、二階堂ふみ ほか。

NHK朝ドラ『エール』を全話フル配信で視聴するなら
『U-NEXT・NHKオンデマンド』がオススメ!!

放送中のNHK番組や、過去のアーカイブ作品も視聴可能!
現在、31日間無料体験キャンペーン実施中!!
※継続料金で、月々1990円(税抜)かかります。

『U-NEXT』無料視聴はコチラ☆

【第42話】連続テレビ小説『エール』ネタバレ、あらすじ、感想まとめ

視聴率:近日更新

第42話『エール』ネタバレあらすじ

「あなたの歌には惹かれるものがない。自分だけが楽しんでいるようではプロとして通用しない。何も伝わってこなかった」と双浦環から言われる音。『バンブー』でやけ食いしながら「千鶴子さんには叶わないからせめて表現力で、と思っていた」という音に、久志が「まずは『椿姫』の世界を理解する事が大事だ」と言い、保と恵に『椿姫』のアルフレッドとヴィオレッタを演じてもらう。だが音にはヴィオレッタの気持ちが理解できない。久志は「もっと恋愛経験が必要だ」と言い、さっそく本を読むがますます混乱する。一方、裕一は廿日市から『地方小唄』の曲を付ける仕事をもらう。音は「本を読むより実践よ!ヴィオレッタも社交場の華だったし」とカフェーで『音江』として働く。だが相手のネクタイの柄を「毛虫みたい」というなどでママに怒られる。ママは「思ったこと口にするだけじゃこの世界では通用しない」と言う。先輩からは「ここは夢を売る場所だから」とアドバイスを受ける。心配していた裕一が家の前で待っていると、酒を飲んだ音が帰宅し「私、社交場の華になる」と宣言するのであった。

第42話『エール』感想

40代男性
梶取夫妻による椿姫の寸劇がとても面白くてクスクスと笑ってしまいました。この2人にはいつも楽しませて貰っていますのでこのドラマには欠かせない存在です。裕一が少し落ち着いたと思ったら今度は音が追い込まれてしまって2人揃ってなかなかうまくいかないものだなと思いました。【5段階評価-5.面白い】
30代男性
音が椿姫のことを理解するために、カフェの女中になると言い出したとき、裕一は先日カフェに行った事がバレていたから断れなかったのかなと思いました。でも、心配でたまらない裕一がかわいく見えました。音の事が好きでたまらないんだと思いました。【5段階評価-5.面白い】
30代女性
音の実行力は、半端ではないです。ヴィオレッタの気もちを理解するために、カフェーの女給になってしまいます。でも、ネクタイを毛虫みたいと、思ったことを言ってしまい、お客には面白がられましたが、女給としては失格です。音は、あきらめず、社交場の花になると宣言したので、きっと次は、上手くやるように努力すると思います。どこまでできるか心配ですが。今日は、梶取夫妻の椿姫の舞台と久志の解説が楽しかったです。バンブーは何でも有りの場所です。【5段階評価-5.面白い】
40代男性
双浦環の言葉「あなたの歌からは何も感じない・伝わってこない」ってものすごくショックですね。せっかく頑張っていた音がやさぐれてしまうのも分かります。『バンブー』の保と恵が寸劇で『椿姫』をやってくれたのが面白かったです。【5段階評価-5.面白い】
30代女性
バイタリティ溢れ、奇想天外、ユニークな音が炸裂していましたねー!椿姫を歌うために、カフェーの華になると酔っ払いながら言うシーンは新鮮でした。朝ドラでかつて、ヒロイン、女性が酔っ払うっていうのあったかな…。かわいさが満開!最後の口元は最高でした。今日は、もう1人また、個性を炸裂してた人物がいましたいました!バンブー喫茶の恵さん。いつもは小芝居だけど、今日はがっつりと演技していましたねー。そして本日も、いつもの妄想、出ましたー!昔、旅芸人だったらしい…。聞き返すご主人、さらっと笑顔でかわす恵。ただの妄想癖なのかなんなのか。チャーミングで面白いです。喫茶バンブーは、古山夫婦の拠り所であり、エール視聴者にとっても、ブレイクタイムです!【5段階評価-5.面白い】

第42話『エール』Twitterからの口コミ

■公式アカウント▶︎@asadora_nhk

【第42話】NHK連続テレビ小説「スカーレット」を見逃し動画無料フル視聴はコチラ

-2020ドラマ, NHK
-

Copyright© ネタバレン , 2020 All Rights Reserved.