ドラマあらすじ・ネタバレ・感想まとめ

ネタバレン

2020ドラマ NHK

【第43話(05月27日・水曜)】連続テレビ小説『エール』視聴率とネタバレ。『カフェー・パピヨン』で働く音

投稿日:

2020年前半期NHK朝ドラ『エール(毎週月〜金曜8時/NHK)ネタバレ、あらすじ、感想をまとめていきます。

主演に窪田正孝、二階堂ふみ ほか。

NHK朝ドラ『エール』を全話フル配信で視聴するなら
『U-NEXT・NHKオンデマンド』がオススメ!!

放送中のNHK番組や、過去のアーカイブ作品も視聴可能!
現在、31日間無料体験キャンペーン実施中!!
※継続料金で、月々1990円(税抜)かかります。

『U-NEXT』無料視聴はコチラ☆

【第43話】連続テレビ小説『エール』ネタバレ、あらすじ、感想まとめ

視聴率:近日更新

第43話『エール』ネタバレあらすじ

環に言われ『カフェー・パピヨン』で働く音。カフェの事を聞き、授業前に寝る音に冷たい視線を送る千鶴子。一方、裕一は木枯らしから「地方小唄」の詩はボンボンが作ったので「君の才能がもったいない」という。そして音がカフェで指名客が沢山いる、と言い裕一を焦らせる。機嫌の悪い客に氷水を掛けてしまう音。ママに怒られるが希穂子が庇ってくれる。優しい希穂子に「私が男だったら希穂子さんを好きになりますね」と言っていると、そこに鉄男が現れる。そして希穂子が挨拶に来てお互いに驚く。どうやら2人は知り合いのようであるが、希穂子は逃げようとする。音は2人を家に連れて帰るが、希穂子が「村野さん、ご結婚するそうですね」といい、鉄男が拒否するも立ち去ってしまう。後を追った音はコーヒーに誘い、希穂子の話を聞く。福島で希穂子が仲居をしていた時に知り合ったが、鉄男が社長令嬢との結婚話が進んでいることを知り身を引いたらしい。「ご縁が無かったのよ」と言う希穂子。音が家に帰ると鉄男が酔って希穂子の名を呼んでいるのであった。

第43話『エール』感想

40代男性
なんだかんだ色々とありながら、女給の仕事も自分の経験値にしようとしている音は本当に力強いなと思いました。そんな音を裏でハラハラと心配している裕一が音を思う姿が面白かったです。鉄男が東京で探していたものが、音と同じカフェで働く希穂子だとわかり、カフェで大騒ぎしているシーンが目が離さず、どうなるのだろうかと印象的でした。そんな二人を家に招き入れて解決させてあげようとしてあげる裕一、音は優しいなと感じられた放送回でした。【5段階評価-5.面白い】
30代男性
音は、カフェで学んだ心使いや感情を最終選考会でいかし、人を引き付ける歌をら歌えるか期待できます、また鉄男と元彼女の中は、単に嫌だから別れたのでない深い意味が女性には、あると感じました、鉄男の書いた福島の歌に作曲家とやっとデビューした裕一これで、本当に作曲家としての自信ついたのか、裕一の性格からしたらまたまた山は、いくつもあると想像します、鉄男と彼女も今後よりをもどすか、また音は、選考会で一位になれるかひさしは、プロになれるかいろいろ楽しくなります、【5段階評価-5.面白い】
30代女性
カフェーで指名されるほどに音がモテていることを知った裕一が、木枯に泣きついてまで状況を知るためにもう一度カフェーに訪れるよう頼み込むのには笑いました!木枯の服をギュッとつかんで離さないところは、もはや演技からコントに変わりつつあって面白かった!【5段階評価-5.面白い】
40代男性
音が『カフェー』で次から次へと指名客が来る、と木枯が言った時は「本当かなぁ」と疑ってしまいました。裕一は音が男性とイチャイチャしてるのではないかと心配していましたが、真逆でしたね(笑)。お客さんの背中を押してあげる音が気に入られて良かったです。でも氷水をかけては駄目ですよね・・。【5段階評価-5.面白い】
30代女性
鉄男が昔付き合っていて探していた女性に会うことができて、これは運命だって思ったけど、いい返事がもらえなくて残念って思いました。鉄男が新聞社の社長令嬢と結婚話があることを知って突き放そうとしているのかなって思いました。切ない感じがしました。【5段階評価-5.面白い】

第43話『エール』Twitterからの口コミ

■公式アカウント▶︎@asadora_nhk

【第43話】NHK連続テレビ小説「スカーレット」を見逃し動画無料フル視聴はコチラ

-2020ドラマ, NHK
-

Copyright© ネタバレン , 2020 All Rights Reserved.