ドラマあらすじ・ネタバレ・感想まとめ

ネタバレン

2020ドラマ NHK

【第44話(05月28日・木曜)】連続テレビ小説『エール』視聴率とネタバレ。やっと2年目で作曲家としてデビューする裕一・・!!『カフェー・パピヨン』で働く音

投稿日:

2020年前半期NHK朝ドラ『エール(毎週月〜金曜8時/NHK)ネタバレ、あらすじ、感想をまとめていきます。

主演に窪田正孝、二階堂ふみ ほか。

NHK朝ドラ『エール』を全話フル配信で視聴するなら
『U-NEXT・NHKオンデマンド』がオススメ!!

放送中のNHK番組や、過去のアーカイブ作品も視聴可能!
現在、31日間無料体験キャンペーン実施中!!
※継続料金で、月々1990円(税抜)かかります。

『U-NEXT』無料視聴はコチラ☆

【第44話】連続テレビ小説『エール』ネタバレ、あらすじ、感想まとめ

視聴率:近日更新

第44話『エール』ネタバレあらすじ

カフェーで女給として働いていることや結婚をしていることを、音が友達に話しているのを聞いた千鶴子は心中穏やかではない。ついに、音に「私は小さな頃から音楽だけのために生きてきた。音楽以外のことは捨ててきたのに。あなたは恋も友達も音楽も!あなたは強欲よ!」と言い放ってしまう。音は千鶴子に言われた「強欲」という言葉に心を捕らわれ気分を沈ませる。たまたまやって来ていた姉の吟に「私って強欲?」と聞くと、吟はサラリと「今ごろ気づいたの?でも、人間は欲を失ったらおしまいよ。」と言われて、音はホッとするのだ。一方、裕一は希穂子との恋に破れた鉄男から故郷の福島を想って書いたという詞を見せてもらう。裕一は初めて作詞に心を動かされ、作曲したい!と思い、「作曲させてくれ!」と申し出るのだ!裕一は鉄男の詞に作曲し廿日市に見せにいく。廿日市の秘書の押しもあって初めてレコードを出してもらえることになった!佐藤久志には歌ってもらうことは出来なかったものの、やっと2年目で作曲家としてデビューする裕一だった。

第44話『エール』感想

40代男性
鉄男が東京にやって来た理由がわかりました。カフェーで働く希穂子を探しに来たのです。希穂子は新聞社の社長令嬢と縁談の話が進んでいる鉄男にキッパリ別れを告げました。とても苦しい気持ちがよくわかります。近くで見ていた音は本当の気持ちを知っているのでとても苦しかったと思います。【5段階評価-5.面白い】
30代男性
福島を思うからこそ書けなかった曲が書けた裕一は本当に良かったと思いました。大将の詩は本当に胸に刺さる物があると思いました。歌をひさしが歌え無かった事は残念だと思いました。裕一は詩に心を動かされ曲が沸いて来るようだと思いました。【5段階評価-5.面白い】
30代女性
裕一の幼馴染の鉄男が作詞を考えてきてそれに裕一が曲を付けてレコードになることになりました。作った時は久志に歌ってもらおうと言ってましたが、新人なのでプロの女性歌手に歌ってもらうことになりましたが、それでも幼馴染でこういうことができるの良いなと思いました。【5段階評価-5.面白い】
40代男性
音が結婚している事、カフェで働いている事等から千鶴子が良く思わない気持ちは理解ができ、強欲である事を今頃気がついたのと吟が言ったシーンは笑えた。また鉄男が書いた詞に裕一が感動して曲が採用された事で鉄男の生き方が変わっていくのかと思った。【5段階評価-5.面白い】
30代女性
『パピヨン』に鉄男が来ましたが、希穂子があえて冷たくしていて・・。でも音は本当は希穂子が身を引いたのを知っているので、間に入ってあげても良かったんじゃないかな、って思いました。『恋愛の機微』が思わぬところで勉強するカタチになりましたね。【5段階評価-5.面白い】

第44話『エール』Twitterからの口コミ

■公式アカウント▶︎@asadora_nhk

【第44話】NHK連続テレビ小説「スカーレット」を見逃し動画無料フル視聴はコチラ

-2020ドラマ, NHK
-

Copyright© ネタバレン , 2020 All Rights Reserved.