ドラマあらすじ・ネタバレ・感想まとめ

ネタバレン

2020ドラマ NHK

【第46話(06月01日・月曜)】連続テレビ小説『エール』視聴率とネタバレ。自信をなくしている裕一に、木枯は・・

投稿日:

2020年前半期NHK朝ドラ『エール(毎週月〜金曜8時/NHK)ネタバレ、あらすじ、感想をまとめていきます。

主演に窪田正孝、二階堂ふみ ほか。

NHK朝ドラ『エール』を全話フル配信で視聴するなら
『U-NEXT・NHKオンデマンド』がオススメ!!

放送中のNHK番組や、過去のアーカイブ作品も視聴可能!
現在、31日間無料体験キャンペーン実施中!!
※継続料金で、月々1990円(税抜)かかります。

『U-NEXT』無料視聴はコチラ☆

【第46話】連続テレビ小説『エール』ネタバレ、あらすじ、感想まとめ

視聴率:近日更新

第46話『エール』ネタバレあらすじ

鉄男が、突然、裕一を訪ねて来て、会社を辞めてアパートを引き払って東京に出てきたと聞いた裕一は驚いていた。鉄男からコロンブスレコードを紹介して欲しいと言われ、廿日市にあわせることにした。音は、音楽学校で双浦環から檄をもらい、自宅でも体操をするなど努力を重ねていた。裕一と鉄男は、コロンブスレコードで廿日市にあったが、廿日市が福島行進曲が売れなかったことで機嫌が悪く、詩の意味がわからない等と言った事で鉄男は怒っていた。そこに木枯が現われて、裕一と鉄男と三人で屋台に行った。木枯は帝国レコード移籍する事になったと話した。自信をなくしている裕一に、木枯はいずれ裕一はコロンブスレコードを背負う作曲家になると言った。帰りに、木枯は鉄男みたいないい友達がいて羨ましいといい、自分は友達がいないと言った。裕一は木枯のことを友達だと思っていると言った。木枯から紹介したい人がいるとカフェに誘われた裕一は、今からの人生を変えてくれる人になる高梨一太郎とあっていた。

第46話『エール』感想

40代男性
記念公演『椿姫』の皆さんが集まった後で、双浦環が音に言った事が、音の心に響いたでしょうね・・。「気迫ではあなたが(千鶴子に)勝っていた」。確かにオーディションの時に情感がたっぷり入っていたと思ったので。音のヴィオレッタはこれからですね。【5段階評価-5.面白い】
30代男性
鉄男がせっかくの縁談を断って仕事を辞めて福島から突然上京してきたのは驚きました。そして、ラストのナレーションに裕一の運命の出会いというのが裕一が作曲家としてどう変わっていくのか気になって仕方がないです。【5段階評価-5.面白い】
30代女性
音がビオレッタ役に抜擢されて、双浦環から檄をもらって良かったと思いました。益々、音のやる気がUPして頑張っている姿がとてもいいと思いました。木枯が、帝国レコードに移籍するなんて驚きでした。裕一も寂しかったと思いました。【5段階評価-5.面白い】
40代男性
初めて出したレコードが売れなかったけれど、最初から上手くいくはずないのは、当然と考えた方が良いかも。裕一落ち込まないで!一方、思いきって仕事を辞めた鉄男。希穂子のためにも、良い詞を書いて欲しいです。また、一緒に頑張っていた木枯。売れて移籍することになりましたが、なかなか上手くいかない裕一に励ましの言葉。良い友情を感じました。そして、主役に選ばれた音。スゴいプレッシャーがありそうですが、大丈夫でしょうか。ちょっと心配です。【5段階評価-5.面白い】
30代女性
音が何故、最終選考を勝てたのかという理由が環から聞かれて納得しましたが、まだまだ音には実力不足な所が多々あり、鍛練し始めた姿に興味深く見られました。福島行進曲が売れなかった展開も、またまだ裕一に苦難の日々が続きそうだと感じられた回でした。【5段階評価-5.面白い】

第46話『エール』Twitterからの口コミ

■公式アカウント▶︎@asadora_nhk

【第46話】NHK連続テレビ小説「スカーレット」を見逃し動画無料フル視聴はコチラ

-2020ドラマ, NHK
-

Copyright© ネタバレン , 2020 All Rights Reserved.