ドラマあらすじ・ネタバレ・感想まとめ

ネタバレン

2020ドラマ NHK

【第47話(06月02日・火曜)】連続テレビ小説『エール』視聴率とネタバレ。レコードは全く売れず、裕一に契約解除の危機が!

投稿日:

2020年前半期NHK朝ドラ『エール(毎週月〜金曜8時/NHK)ネタバレ、あらすじ、感想をまとめていきます。

主演に窪田正孝、二階堂ふみ ほか。

NHK朝ドラ『エール』を全話フル配信で視聴するなら
『U-NEXT・NHKオンデマンド』がオススメ!!

放送中のNHK番組や、過去のアーカイブ作品も視聴可能!
現在、31日間無料体験キャンペーン実施中!!
※継続料金で、月々1990円(税抜)かかります。

『U-NEXT』無料視聴はコチラ☆

【第47話】連続テレビ小説『エール』ネタバレ、あらすじ、感想まとめ

視聴率:近日更新

第47話『エール』ネタバレあらすじ

高梨一太郎から作曲を依頼された裕一は、「船頭可愛いや」を作曲し、廿日市に持って行った。廿日市は、有名な高梨一太郎が作詞と知り、一発でレコーディングを了承した。しかし、今度売れなかったら、契約打ち切りで契約金を一括返済だと言われてしまった。裕一は、その言葉に慌てていたが、久志は売れた時のことを考えろと前向きな言葉をかけた。裕一と久志は、鉄男の新しい仕事場にいき、屋台を継いでいたことに驚いた。そこで、裕一は船頭可愛やのレコーディングの話をし、歌い手は芸者だというと、芸者ということに鉄男と久志は興味津々だった。一方、音は椿姫役がうまくいかず悩んでいた。双浦環が発声指導後、自分が演じた椿姫のレコードを貸してくれ、このチャンスを逃さないようにと言った。レコーディングの日、鉄男と久志が何故かコロンブスレコードきていた。そこに歌手の藤丸がやってきて、芸者ではなく下駄屋だったことに驚きもめていたが、藤丸の歌は素晴らしいく裕一達は感動していた。しかし、レコードは全く売れず、裕一に契約解除の危機が迫っていた。

第47話『エール』感想

40代男性
有名な作詞家さんを紹介してもらって裕一の運命が変わっていくのかとワクワクしながら見ていました。下駄や屋の娘の歌が上手いとわかったときの三人の変り身の早さに笑えました。船頭可愛やは売れると思っていたので予想外の結末に次回からがとても楽しみになりました。【5段階評価-5.面白い】
30代男性
木枯に紹介されたた作詞家の高梨の詩は「船頭かわいや」でした。この曲には私も思い入れがあり好きな曲の一つですが。芸者に歌わせるつもりが予算の関係で下駄屋の娘に!この人の歌が誠に上手。この歌が売れないわけがないのに?何故売れない。この疑問は明日からのドラマに期待します。所で哲男の職業ですが、おでん屋の親父さんから譲り受けておでん屋になっていました。哲男の一途な人柄を見込まれたのだと思っています。苦労した分だけ味のある作詞に期待します。【5段階評価-5.面白い】
30代女性
二回目のレコード廿日市プロデューサーがつれてきた下駄やの娘の歌は、上手ですが、この時代有名歌手でない人に歌わせたプロデューサーが悪いのになぜその責任を裕一に負わせるのか、なんでここまで裕一に中るのか解せません、よほど裕一の人間せいあわないのか、それにしても鉄男も直ぐ腹たてるこれからケンカばかりの人生ではないか、裕一とひさしがいるから、成功するのだと確信しました、音も椿姫成功するか、まだまだ何かありそうです、【5段階評価-5.面白い】
40代男性
船頭小唄のレコーディングのとき、久志と鉄男が来てたけど、芸者が歌うと楽しみにしてたのに、やってきた歌手が下駄屋だったことに驚いていたのに笑ってしまいました。芸者をよっぽどみたかったんだなって思いました。でも、下駄屋の女性歌手の歌声がとても良かったです。【5段階評価-5.面白い】
30代女性
裕一にもチャンスが来ました。木枯らしの紹介で会った高梨は有名な作詞家です。「船頭可愛いや」の詩も素晴らしいようです。裕一は楽しそうに作曲できたので、これで大丈夫だと思いました。でも、どうやらすぐには売れないようです。少し心配ですが、何かのきっかけで売れることもあるので、見守りたいです。鉄男が仕事をみつけたので、いよいよ作詞を本格的に始めると思います。最近は幼馴染の3人の場面が多く、とても温かい気持ちになります。【5段階評価-5.面白い】

第47話『エール』Twitterからの口コミ

■公式アカウント▶︎@asadora_nhk

【第47話】NHK連続テレビ小説「スカーレット」を見逃し動画無料フル視聴はコチラ

-2020ドラマ, NHK
-

Copyright© ネタバレン , 2020 All Rights Reserved.