ドラマあらすじ・ネタバレ・感想まとめ

ネタバレン

2020ドラマ NHK

【第5話(04月03日・金曜)】連続テレビ小説『エール』視聴率とネタバレ。『エール』の子役の演技が素晴らしいと話題に。

投稿日:

2020年前半期NHK朝ドラ『エール(毎週月〜金曜8時/NHK)ネタバレ、あらすじ、感想をまとめていきます。

主演に窪田正孝、二階堂ふみ ほか。

NHK朝ドラ『エール』を全話フル配信で視聴するなら
『U-NEXT・NHKオンデマンド』がオススメ!!

放送中のNHK番組や、過去のアーカイブ作品も視聴可能!
現在、31日間無料体験キャンペーン実施中!!
※継続料金で、月々1990円(税抜)かかります。

『U-NEXT』無料視聴はコチラ☆

【第5話】連続テレビ小説『エール』ネタバレ、あらすじ、感想まとめ

視聴率:近日更新

第5話『エール』ネタバレあらすじ

藤堂が「喜多一」にやってくる。藤堂は三郎とまさに「裕一君は才能がある」と伝える。そして家にある蓄音機を買った三郎を褒めたたえる。そして帰ってきた裕一に「人よりほんの少し努力するのがつらくなくて、ほんの少し簡単なもの。それがお前の得意なものだ。それにしがみつけば必ず道は開ける」と言われる。それから裕一の学校生活が一変する。曲を付けたりハーモニカ部に入るが、帰りにクラスメイトの佐藤に「妬まれない様に気を付けな」と言われる。そこに大人から怒られる乃木大将の鉄男の姿が。複雑な気持ちになる裕一。経営がピンチの「喜多一」では、三郎がまさの兄・茂兵衛に助けてもらおうとするが、そこでまさに「養子を欲しがっている」との話を聞く。裕一は三郎に楽譜を買ってもらい喜ぶが、それをいじめっ子の太郎と史郎に横取りされてしまう。それを助けてくれたのは、かつてのいじめっ子鉄男だった。この前、本を落としてった鉄男の元を訪ねる裕一は、鉄男の父の恐ろしい顔を見てしまう。

第5話『エール』感想

30代男性
藤堂が担任教師と知った三郎が見た目で判断してはならないと、疑って見ていたと藤堂の目の前で言ってしまう素直さには笑ってしまい、妻のまさも困り顔から思いの丈を漏らし始める展開も面白く、藤堂から話された内容が息子の裕一に才能があると初めて誉めてもらえた嬉しさに涙する三郎の姿に裕一の事を相当気にかけていた優しい父親らしさが伝わり、こちらも涙を流してしまった。【5段階評価-5.面白い】
30代男性
裕一が父に楽譜を買ってもらった帰りに楽譜を取り上げられた時に裕一は楽譜を取り戻そうと必死なのがわかった。楽譜を破られそうになった時に鉄男はやめろと止めた。裕一が本気だったことが鉄男にも分かったんだと思いました。鉄男はただの悪ガキでは無いと思いました。【5段階評価-5.面白い】
30代男性
裕一の運動会に応援するために行っていた父親の三郎なのに、既に教師の藤堂が赴任してきていてハーモニカで演奏して応援していた事に全く気付いていなかったとは商売人として視野の狭さには呆れてしまい、店に訪れた藤堂を怪しい物売りだと見てしまい、よく確認もせずに追い返そうとする行動にも呆れつつ三郎らしさ全開に笑ってしまった。【5段階評価-5.面白い】
40代男性
藤堂先生がわざわざ家に来てくれて、裕一の良いところを三郎やまさに伝えてくれて良かったな、って思います。二人とも多分、昔から裕一の「どもり」の事を言われていたと思うんで。藤堂先生に出会えて裕一の才能が開花した印象です!【5段階評価-5.面白い】
40代男性
藤堂先生が祐一の家に訪ねてきた様子が奇妙で、三郎のお化けのような言い方をしていて笑ってしまった。まさか祐一の担任の先生と思ってなかったから、後で知ってバツが悪かったんじゃないかなと思った。三郎ってすごく面白くてかわいい人だと思った。【5段階評価-5.面白い】

第5話『エール』Twitterからの口コミ

■公式アカウント▶︎@asadora_nhk

https://twitter.com/AliceNeko_2106/status/1245970870742339584

【第5話】NHK連続テレビ小説「スカーレット」を見逃し動画無料フル視聴はコチラ

-2020ドラマ, NHK
-

Copyright© ネタバレン , 2020 All Rights Reserved.