ドラマあらすじ・ネタバレ・感想まとめ

ネタバレン

2020ドラマ NHK

【第8話(04月08日・水曜)】連続テレビ小説『エール』視聴率とネタバレ。学芸会の練習が始まったが・・

投稿日:

2020年前半期NHK朝ドラ『エール(毎週月〜金曜8時/NHK)ネタバレ、あらすじ、感想をまとめていきます。

主演に窪田正孝、二階堂ふみ ほか。

NHK朝ドラ『エール』を全話フル配信で視聴するなら
『U-NEXT・NHKオンデマンド』がオススメ!!

放送中のNHK番組や、過去のアーカイブ作品も視聴可能!
現在、31日間無料体験キャンペーン実施中!!
※継続料金で、月々1990円(税抜)かかります。

『U-NEXT』無料視聴はコチラ☆

【第8話】連続テレビ小説『エール』ネタバレ、あらすじ、感想まとめ

視聴率:近日更新

第8話『エール』ネタバレあらすじ

教会で1番に琴を弾くはずだった音は、父親の安隆に連れられ、慌ててやって来た。すると、そこには歌を歌う双浦環の姿が!あまりの歌声の美しさに魅了される音。安隆は「話してみたいか?」と、音に環と話したいかどうかを尋ねる。躊躇するものの音は話してみたいと思う。そこで2人は環の元へ。安隆が自己紹介をすると、意外と環は気さくな人だった。音の名前を聞いた環は「素敵なお名前ね。」と音に語りかけてくれる。音は環の歌に感動したことを話す。そして環は父親から、本当は1番に音が琴を弾くはずだったのだが、学芸会でお爺さん役になってしまい、ふて腐れてしまって教会に遅れて来たことを環に聞かせる。すると環は「将来、私のようになりたい?なりたいなら、どんなことがあっても出番に穴を開けちゃダメ。目の前のことに全力を尽くしなさい。」と教え、一枚のレコードを渡した。音は帰り道、父親に「歌、習いたい!」と頼むのだった。夜、環に言われた通り、お爺さん役の台詞を一生懸命覚える音。次の日、学芸会の練習が始まったが、「かぐや姫」役のカンザキは緊張している。お腹が痛いのか、手をお腹にあてる。どうやら緊張しすぎたようだ。昼時になっても医務室から帰ってこない。音の友人が言うにはカンザキの母親はめちゃくちゃ怖いらしい。そして実はカンザキがかぐや姫になったのも、母親の差し金だった!

第8話『エール』感想

30代男性
音は目の前のことに全力で尽くしなさいと言われてから、人が変わったように自分ができることを一生懸命やろうとしているところが素敵だなと思いました。思うことは簡単でも中々行動に移す事って難しいから実践しているところが偉いなと思いました。【5段階評価-5.面白い】
30代男性
かぐや姫をやることになった女の子が、プレッシャーで体調を悪くするのが可哀想でした。しかも母親が裏で手を回して主役が決定。本人が望んだのならともかく、家のメンツの為にやらせるというのが理解出来ません。自分の意志でやっているわけじゃないから、セリフだって覚える気にならないかもなぁと思います。【5段階評価-5.面白い】
50代女性
柴咲コウさんの歌唱力のインパクトたるや。冒頭独壇場でした。音楽家が題材だけに、森山直太朗さんはじめ歌手の方の登場がこれからもあるかもしれません。音の夢も決まったようで。緊張しない音はやはり大物なのでしょう。【5段階評価-5.面白い】
40代男性
音の琴の演奏会に遅刻しそうになるために懸命に父親の安隆と駆けていった慌てふためき教会にギリギリ入った展開から、現代でも聴く事が少ないオペラ歌手である双浦環の真っ白な衣装と美しい歌声に触れてしまうと、夢の世界に入ったような気分になってしまうのは当然だなと感じられ、ある意味で吊り橋効果なのかなとも思えた。【5段階評価-5.面白い】
40代男性
音は双浦環におもいきって声を掛けた。目の前のことに全力を尽くしなさいと諭される。素敵な人でしたね。一番最初に出た舞台が木だったなんて衝撃でしたね。すごい人でもだれでも苦労してるんですね。心に響く言葉をもらえてよかったですね。【5段階評価-5.面白い】

第8話『エール』Twitterからの口コミ

■公式アカウント▶︎@asadora_nhk

https://twitter.com/maman_de_mary/status/1247697466268381185

https://twitter.com/noripa_v3/status/1247697074541350912

【第8話】NHK連続テレビ小説「スカーレット」を見逃し動画無料フル視聴はコチラ

-2020ドラマ, NHK
-

Copyright© ネタバレン , 2020 All Rights Reserved.